花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

備忘録

たった今旭川に到着!
ラーメン待ちの時間、ヒマなので(笑


二泊三日の東京出張で会議が二日間あり、フリーに動けるのは今日一日だけ。
しかも空港へ向かうまでの15時までが勝負(笑

好奇心旺盛なのか見たいもの観たいものが沢山あり過ぎて、どうにも時間足りない。。。

用意周到ならいざ知らず、行き当たりばったりであったり、なるようになるさ で行動するからムダも多い…

でも自分の中ではこのムダが大好きで、ムダから得られるヒントも馬鹿に出来ないと思っている。

昨晩は会議が終わった後に、Facebookでお友達になった藤井和子先生が経営されているフローレンスへ!
失礼な書き方になるけれど、僕よりも歳上であるにも関わらずそのパワー、そして行動力は何処から生まれてくるのかが知りたかった。

僅か一時間程度お話しを聞かせて頂いただけでも、その秘密が垣間見る事が出来たような!


フローレンスは東京タワーのすぐそばにあり、毎日それを見上げるだけでも元気が出そう!


そして今日!
いつものように歩きました(笑
ラーメンが来たので、ここからは画像だけ紹介!













と、まぁ上野から丸の内近辺!それと家電ショップを少々(^^;;

さて帰りの飛行機の中で買ったスープセット!
珈琲以外の暖かい飲み物!って言うと出されたのがこちらで、とにかく美味しい!
AIRDoでの機内限定らしく、32袋入1,000円!


お試しあれ(^ー^)ノ


〆はラーメン



やはり旭川の食べ物最高 =3=3=3
スポンサーサイト

|   プライベート | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとつの終焉(2)

店を創めたのが1994年 平成6年8月17日!
スタートは女房と従業員1人の3人でしたが、当時すでに業界の色々な仕事をしていたので、札幌やら東京へと出張にも出かけなければならず、そうなれば女房とスタッフの2人だけが残される事に・・・
まだ花の事は何もわからない女房だったので、相当苦労したのは容易に想像出来る

幸い、もう一人のスタッフは前の店から一緒について来てくれたベテランだった
失敗するかもしれない、そんな思いは当時常に脳裏から離れない中、彼女の生活も請け負う事への不安もあったけれど、阿吽の呼吸で仕事を支えてくれた彼女なしには店を創められなかったのも事実

独り立ちしてやりたかった事の一つに、教室を持ちたかったというのがある
大手スクールから旭川教室としてやって欲しいと持ちかけられた事もあったけれど、自分には向いてない(笑
自分が資格を持ちながら言うのもおかしな話だけど、OLさんや普通の主婦に資格は無意味と考えていた
自分が始めたかった教室は、花と遊んで癒されて欲しいのと、自分で飾れるようになる為のヒントを得て欲しいだけだった

ただ、満足なカリキュラムも教本も持っていないで続けていくには、常にレッスン内容をどうするかで頭の中はいっぱい・・・
その意味では今も続けられている事の方が驚きかもしれない

生徒さんも少しずつ増えていき、4年目を迎えた時に「作品展」をする事となった

 005_20120803223923.jpg
  手作り看板(笑

 006_20120803224046.jpg
  写真をデジカメで撮っているので、全て最悪の写り><
    
 007_20120803224046.jpg
  1F正面入り口だったので、いっぱい見てくれましたね~

 008_20120803224045.jpg

 009_20120803224044.jpg

確かデジカメで撮ってはいるのに、データが残っていない悲しさ><
当時パソコンへの保存ではなく外付けハードディスクでもなく、フロッピーだったような・・・


そうそう思いつくままに書いているので話が前後するけれど、店を持って3年目の母の日前にナイフもハサミも使えない程の激痛が右手に走った
とても長い病名で忘れたけれど、簡単に言えば神経をつぶしてしまったらしい・・・
ハサミの使い過ぎと言われたけれど、誰でもがそうなる訳ではないらしく、繊細な神経を持ち合わせている事が災いしたようだ(大笑

手術も2回ほど繰り返したけれど、結局完治はしなかった
ここ詳しく書けばとても長くなるので止めときますが、最初の手術が失敗だったという><

痛みこそ無くなったけれど、今も24時間痺れている右手の指3本!  
正直辛かった

満足にナイフもハサミも持てやしない・・・

リハビリにも通ったけれど、どうやら痺れとは一生付き合わなければならなくなった

この時、そうこの時だけは花屋を辞めなければならないのかと悩んで悶々と日々を送ったものだ
手先は器用な方だと自負していたけれど、ワイヤーのテーピングが上手く出来ない・・・
寒い冬の日なんかは、ナイフもポロポロと手からこぼれてしまう・・・

デザイン競技にはムリだと諦めた時期でもあった



なんか思い出しながら端折って書いてはいるけれど・・・もう1回続きそう><






 

|   プライベート | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとつの終焉(1)

花の仕事を始めたのが27歳! みんなよりはかなり遅いスタートだったと思う
旭川駅前に商業施設のビルが出来るという事で、そこのテナントとして入居していきなり店長として店を任せられた
店売りとホテルのブライダル関係を含む会場装飾!

 001_20120802220915.jpg
  まだこの業界に入って1年も経っていない頃


装飾の仕事から覚えたので、葬祭関係、特に葬儀用のスタンド花なんか作れないし、やっと作っても人の3倍はかかっていた30歳の頃・・・

ただ負けず嫌いの性格だけで、他には何にもない(笑
人と同じやり方で進むのが嫌いなのは、良いのか悪いのか・・・  何も判らない無我夢中の頃は、時間があれば他所のお店を見に行って、旭川市内だけでは物足りなくなり、休みの度に札幌へも出かけた30歳前後!

独学に限界を感じ、札幌へお花の勉強にも通った30代半ば・・・


そして独立したのが40歳になる直前!



自分のやりたい店作りと経営方針・・・それは、今にして思えば若さゆえの考えでもあったような、それとその歳が独り立ちするには限界なのかとも思っている自分がいた(笑

 002_20120802221125.jpg
   ”四季彩”としてスタートしたのは3.5坪の小さなお店!

 003_20120802221124.jpg
    底抜けに明るかった当時のスタッフ!

 004_20120802221123.jpg
    駅ビルの正面入り口の中がお店!


ただ、自分で店を始めるにしても、先立つものがほとんどなかった状態・・・
恥ずかしながら、運転資金も国から借りての営業でしたが、これがなかなか貸してはくれない><
何度も何度も営業計画書を書き直しては見て貰い、どうにかスタートにこぎ着けたという(冷汗
   ここまで来たら、風呂敷を広げるしかありません~(−_−;).

上手く事が運ぶか判らない中、女房の存在はやはり大きかった!
どうにか今の店をここまでやって来れたのは、他ならぬ女房の力でしょう!


次回へ続きますm(_ _)m 




|   プライベート | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

訃報

昔僕が自分の店を出す時に、以前勤めていた店の頃からずっと僕の下でスタッフとして支えてくれた女性がいました
その頃から業界の仕事も多々こなす事が出来たのは、彼女のおかげでもあります

そんな彼女、結婚退職をしてすでに13~14年経つけれどいまだに近況報告やら取るに足らない愚痴までを、メールだったり電話でだったりと。。。



久しぶりに彼女から昨晩遅くに電話がありました



母親が危篤で予断を許さない状況との報告。。。



すでに末期癌、肺にまで到達しているからもう長くはないと医者からの宣告。。。すぐにでも帰りたいけれど小さな子どももいればその生活もあるし、すぐに帰る事が出来ない



きっと心だけが故郷にあったのでしょう



気を紛らわすかのように楽しかった思い出を。。。それは一緒に働いてた時の事、フラコンに初めて出品させた時の事、一緒に河原でジンギスカンをした時の事、呑みに行った事、カラオケした事。。。とにかくいろんな話をいっぱいしました

電話を切った後何もしてあげられる事も出来ない自分は、一枚の画像をメールに添付してただ一言だけ、元気出せと書いて送ったのですが。。。

IMG_69781.jpg



それから僅か4時間余り

今朝5時に届いた彼女からのメールは




訃報の報せでした




そして今晩すでに通夜が営まれるとの報せが入ったのは昼前の事でした


親族だけで送るとの事なので、通夜の儀が終わった頃を目がけて焼香に。。。

3ケ月ぶりに逢った彼女はやつれきっていて、前にも増して痩せ細っていました



今年の母の日が終わった頃に一度、彼女はお母さんと一緒に店まで訪ねてくれていたのです  車の中から満面の笑みを浮かべてくれたお母さんの姿を忘れる事が出来ません



享年61歳でした




   【読者の皆様にお願い】
      花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
      少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
      ポチッとひと押しで、元気になれるのでクリック宜しくお願い致します。^^

     
           にほんブログ村 花ブログへ
             ↑ ワンクリックよろしく^^

    

|   プライベート | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

facebook

どうにも最近ブログを書く暇がない。。。
これは奈良にお住まいの花鹿さんのブログにも同様な内容を書かれていましたが、facebook にハマっているのが大きな理由です
全国の。。。いや世界中の花仲間の情報を得るには、とても面白いツール!
どんな作品を、商品を、そしてレッスンでは生徒さん達に何を伝えているのかが、とても判り易いんですよね

 無題

 無題


最近よく耳にする言葉 SNS
ソーシャルネットワーキングですが、少し前には映画にもなりました
流行を追うのではなく時代に着いて行く為に始めただけなんですが、、、

言葉悪く言えばアイデアを盗んでいるのかもしれないけれど、そのままコピーする訳でもなく行き詰った時の参考資料みたいな感じww
もちろんリアル仲間との時間共有が一番ではあるけれど、それには互いの時間にも制約があるし、ちょっとした空き時間という訳にもならない(笑
それがままならない方には始めてみるのも如何なものかと。。。

ちなみに添付した画像最初のは個人用で、後のが会社のページです




   【読者の皆様にお願い】
      花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
      少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
      ポチッとひと押しで、元気になれるのでクリック宜しくお願い致します。^^

     
           にほんブログ村 花ブログへ
             ↑ ワンクリックよろしく^^

    

|   プライベート | 00:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。