花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

2006年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

技術を磨くために!

 昨日は日本ハムの優勝騒ぎで途中になってしまったので。。。(笑)

 
 さて、組織に入会した目的は、個々のお店によって考えは違うだろうが、何より

 も優先しなければならないのは、お客様のニーズに合った商品の提供だというの

 は昨日も書いたけれど、これって決して、無理なお願いや我儘を全て聞くという

 事ではないので、誤解しないでほしい。。。例えば、母の日にお届け時間を細か

 く指定される方とか、金額に見合わない程のサイズ(商品の大きさ)を要求する

 。。。確かに、判らないからそう希望されるケースもあるので、その場で丁寧に

 説明してあげる事も大切なんだけどね!


 では、お客様のニーズって何だろう? 

 一昔前と大きく変ってきている事の中に、クオリティを求められるケースが非常に

 高くなって来ている事ではないかな? 勿論全てのお客様が!という訳ではないけ

 れど自店でのお客様の要望を考えてみると、花束・アレンジメントへの希望には、

 大きさだけを重視する方は確実に減っている。個性的に!とか、変わった感じでと

 か、とにかく技術を磨かないではお客様の要望には答えられなくなってきている事

 実があるという事だと思う。


 そろそろ本題に入ろう。

 たまにお店に来られたお客様との会話の中で、「お花屋さんも、腕を競い合う競技

 があるんですよ!!」 と、製作中の待ち時間にその内容も簡単に説明もしてあげ

 る事がある。でも残念ながら、ほとんどの方は知らないのが現実。 ジャパンカッ

 プやワールドカップなんてスポーツの世界だけと思っている方が本当に多い。 

 その他では競馬なんかも出てきたけれどね(笑) そこで、ヤフー検索をしてみた。

 「ジャパンカップ」だけで、お花に関する項目が出てくるだろうか?? と!!

 (別に暇がいっぱい!という事でもないんだけれど) ほとんどが競馬に関するも

 のばかりで、嫌気がさしてきた頃に、馬場さん(御殿場)の一項目がやっと引っかか

 ってきた。ページ数にして、33ページ目にやっとである。 これだもの、一般の

 お客様や花に携わっていない人間が知るはずもないのは当然である。花屋さん(特

 に、JFTD会員)は是非読んでみてほしい。(馬場さんは凄くいっぱい勉強もさ

 れているし、花屋さんの技術アップに努力・そして貢献されていると思う。)

   ちなみに、『JFTDジャパンカップ』で検索するとトップに表示されます!

 にしてもだ。 やはり「井の中の蛙」ではないけれど、一般消費者(国民)に広く

 認知してもらえなければ、多くの花屋さんが参加するのをためらうのも判らない訳

 ではない。 

 所詮花屋の仲間内の事でしょ!! で終わってしまう。 

 目指すものは、花屋業界のレベルアップであり、それは取りも直さず、花の消費が

 増す事への一番の近道ではないのかな。 だからこそ、こんな素敵なお花のコンテ

 ストには沢山のフローリストに参加してもらいたい。 その為の環境作りも組織と

 して、しなければならない事が山積みではあるとも思うけれど。 みんなで頑張っ

 て築き上げたものって壊れにくいと思うんだよね。

 
 お花を贈られて、また飾ってあるお花を見て感動を覚えてくれる方はいっぱいいる

 けれど、その数をもっともっと増やす為には、プロの花屋として勉強しなければ

 ならない事って本当にいっぱいあると思う。 勿論、競技に参加しなくても自分で

 勉強するよ! というフローリストもいっぱいいるだろうし、それはそれで、良い

 とも思う。 

 今、見せる(見せられる?)技術を求められている時代であるのは間違いないので

 は!!

 

スポンサーサイト

| ☆ 業界の事 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。