花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

”ありがとう”に支えられて

 
 理屈抜きに、人から愛される職業であると思う。「素敵なご商売ですね!」って言

 われる事もよくあるけれど、そんな時心の中では、『でも儲かりませんが>< 』

 

 これは前回書いた最後の部分だけど、お客様から『ありがとう』と言われることが

 結構多くって、お金を戴くことに対して『有難うございます。』というこちらの立

 場とは全く違う意味で言ってくれる『ありがとう』の一言は本当に嬉しい^^

 ”儲かりませんが>< ”続けられる理由はそこにあるんじゃないのかな。

 さて、花屋の商売が、岐路にたたされているのは間違いのない事で、素材としての

 お花を売っていくのか、『創造した商品』として売っていくのかのどちらかしかな

 いんだろうと思われる。前者は価格勝負か品質勝負。そして後者は品質プラス花屋

 としての技量を問われることは間違いない。だけど、それにしたってお客様の好み

 は千差万別だし、万人にうけるデザインなんて本当にあるんだろうか。悩みどころ

 だ。そして長い事同じものばかり作っていたんでは、飽きられてしまうだろうしね。

 自分らしさ、そして自分のお店のスタイルは持っているつもりでも、それでも何か

 新しいデザインってないものなのか考えている日々^^

 旭川屈指の陶芸家やクリエィティブな仕事をしている人が、親戚や友人にもいるの

 で、話しをする機会がある。でもやはり、そこでも答えは見出せない。。。機械で

 生み出すものとは違う、手作りのものだからこそ、きっとこの仕事を続ける限りは

 悩んでいくのかな><



 【読者の皆様にお願い】
   花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
   少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
   ブログ内容に賛同戴けた方は、ここをクリックお願い致します。
   色々なお花屋さんのブログも見れますよ^^

         にほんブログ村 花ブログへ




スポンサーサイト

| ★ 未分類 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。