花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニュースの読み方

 新聞を開いても、パソコンのトップ画面でのニュース一覧を見ても明るい話題が

 ほとんど見えてこない。政治・経済に関しては周知の通りだし、国内外で起こっ

 ている事件・事故にしたって殺伐としすぎている。

 景気が後退していくから心が荒んでいくのか、荒んだ心の持ち主が多いから景気

 も後退していくのだろうか・・・

 人を思いやれる心って、遠い昔にはみんなもっともっと持っていたんじゃなかっ

 たのかな。



 前回「報道の重さと責任」を書いたのは夜中の3時くらいだったので、書き足ら

 ずの文章になっていたので、若干補足の意味も込めて。それは言葉という武器が

 持つ恐ろしさ。(記者が)自分の仕事を優先させてしまうのは仕方のない事では

 ある。でも、そこには暗黙のルールが必要なんだろう。特に一つ二つのサンプル

 調査や事件が起きたときに、業界全体がそうだっていう記事がやたらと目に付く。

 他にもあそこの大学はとかどこそこの企業は・・・なんて、まるでそこで学んで

 いる人や働いている人たち全てがそうなんだ!と言い切るような書き方には閉口

 してしまう。そしてそれは、間違いなく読者を洗脳していく(される)場合が多

 々あるんだろう。

 もしかしたら人間はとっても残酷な生き物なのかと思ってしまう事もしばしば。

 悪事に関しては、重箱の隅を突っつくまで書き立てるけれど、頑張ってきた人た

 ちの記事とか他人の明るい話題にはさらっとスルーしてしまうような風潮。他人

 の成功や努力の記事も若干ではあるけれど、目にした時にはホッと心が暖かい気

 持ちになれるんじゃないのかな。だから、『プロジェクトX』のような番組は大

 好きだった。(一部、捏造もあったようですが)


 とにかく昨今の経済状態が背景にあるのは間違いないけれど、普段から何気なく

 読んでいた色々な記事にも知らず知らずに、まるで自分の考え方もそうなんだ!

 と、洗脳されていた自分さえいたんじゃないのかと思ってしまう。それは、自分

 が身を置いている花業界以外のニュースのソース源は、やっぱりマスコミが流す

 情報を頼りにするしかないのだから。あの記事を読んでからはふとそう思ってし

 まう。




 2回暗い記事が続いたので、最近プレゼントで頼まれた『還暦』用の花束を!

   (ちなみに、某組織からの依頼ではありません^^;)


     CIMG0357






 【読者の皆様にお願い】
   花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
   少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
   ブログ内容に賛同戴けた方は、ここをクリックお願い致します。
   色々なお花屋さんのブログも見れますよ^^

         にほんブログ村 花ブログへ
        ワンクリックよろしく^^

                    四季彩ウェブサイトはこちらから



スポンサーサイト

| ★ 未分類 | 12:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。