花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カタログ商品 お花の場合

どうも上手く仕入れが出来ない。っていうか、何故か偏ってしまうのだ。

満遍なく仕入れしてる筈なんだけれど、キーパーの中には白い花ばかり残って

いたりバラだけが豊富に残っていたりと・・・

生物を扱っての商売だから、一週間分の在庫を抱えるなんて事もしない。どう

しても短いサイクルでしか仕入れをしないのでこんな事になってしまう。だから、

仕入れの度に毎回毎回欲しい花を手に入れる事も出来ないのが現実だし、ユリとか

バラの花なんかは開花の予想日まで計算しなければならないという、正に神業的?

(いやいや綱渡りと言った方がピッタリかも)な事を知らず知らずのうちにやって

のけてはいるんですよね。

一年の中でも季節の変わり目なんかが特に難しく、今ある花を来週使いたいという

お客様には要注意が必要だ。だから、従業員にはなるべく早めの情報を伝えてい

るつもりだけど、それでもいつもいつも上手くいく訳ではないんだよね~~これが。

今年の場合はチューリップ! 毎年4月中旬までは用意できるのに、今年は出荷

が終わるのはいつもよりかなり早かった。毎年市場のセリ人が「今日で出荷最後

です」とか「今週いっぱいで終わりですよ」なんて教えてくれるんだけど、今年

はねぇ~~~自分だけが聞き洩らした訳ではなかったようなので、セリ人さん宜

しく頼んます^^



ちょっと前置きが長くなってしまったけれど、そんな訳で最近よく考えるのがカタ

ログ販売の方法。

うちのホームページにもいっぱい”商品”を載せてはいるけれど、瓜二つの商品

を作れるなんていうのは半分くらいで、後は”似た雰囲気””イメージが近いもの”

という事になる。

でもな~~~って思うのは、お客様からしてみたら、やはりカタログ通りでない

っていうのは、やはりどこかで納得出来ないんじゃないのかと思うよね。

誤解を産みそうなので一言付け加えると、別にその事でクレームが来た!という

のは一回もないという事だけ。 キッパリと^^

普通花以外の通販では、カタログとイメージが大幅に違っていると多分クレーム

ものだと思うし、レストラン等に食事に行ったってサンプルとそれ程違わないの

が当然で、だから次回行ったときにも安心して頼めるんだと思う。

でも、我々が扱っている切り花というのは実に厄介なもので、冷凍保存が出来る

訳でもないし、季節の移り変わりによってもお目見えする花の種類が大きく変わ

ってくるのだから、いくら早めにご注文を受けたからといっても確実にその”花”

を用意出来るっていうものでもない。

でも、それをどのように伝えたらいいんでしょうかね。

  「こちらの感性を信じてお任せ下さい!」

では、常連のお客様には通用しても、初めてのお客様とかネットでご注文して

下さるお客様には、どうよ!って思うだけだろうし。

ここ2~3年、ネットからのご注文を頂く事が大きく増えてきているだけに、

安心して頼めるサイトを構築しなければならないと思う今日この頃・・・

母の日もすぐそこまで来てるしね。




 【読者の皆様にお願い】
   花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
   少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
   ブログ内容に賛同戴けた方は、ここをクリックお願い致します。
   色々なお花屋さんのブログも見れますよ^^

         にほんブログ村 花ブログへ
        ワンクリックよろしく^^

                    四季彩ウェブサイトはこちらから
スポンサーサイト

| ★ 未分類 | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。