花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

茨の道

お花屋さん向けの講習会がこの秋全国で開かれています 
といっても、自分が加盟する組織の話で他団体がどうなのかは知りませんけど(汗;

さて、お客様からしてみれば花店の中でエプロンをしているスタッフを見れば誰でも花束の一つくらいは簡単に作れるものだと思う筈です
これ当然って言えば当然で、見ただけですぐ誰がプロで誰が新人さんなのかと区別付く訳じゃありませんし(笑
ただ自分が買物に出かけたり銀行等へ出かけて遭遇するのは、「研修生」とか「見習い」等のプレートを胸に付けている店員さんなんかがいたりして、確かにこれだと一目瞭然! 
新人さんにムリなお願いなんか出来ないし、多少判らなくても大目に見てやろうなんて思う筈です

ここで花屋さんの話しに戻りますが、技術を要する仕事の場合新人さんの基準をどこに持って行けば良いのでしょうかね?
覚えなければならない知識が山ほどあり、それは花の名前から始まりそれぞれの花がどれくらい日持ちするのかとか、冠婚葬祭の簡単な基礎知識・・・鉢物も扱う店であれば良く質問されるのが簡単な手入れ方法はもちろん、宿根なのか一年草なのかと、それはもう義務教育の9年間で何をやってきたのでしょうかという位に勉強しなければならない事がいっぱいあります

そして更に今度は技術編・・・

店頭に並べるまでにどれだけ手間暇かけているかなんて、憧れだけで花屋さんを考えている方達には想像もつかないでしょう
それから切花を包装紙に包むだけでも簡単じゃない! どの程度しっかり巻けばよいのかその加減さえも入社仕立ての新人さんには判らないのです
そして花束・アレンジメント制作! いよいよお花屋さんらしい仕事って感じるところですが、これも花屋さんが作っているのを見て簡単なんだと思いがちでしょうが、見た目と違って初めから綺麗に作れる訳ではありません

ある程度どうにか形になったとしても、商品として見た場合、売っていいのか?
流石プロの方が作った花束は凄い! と言われるまでの道のりは本当に果てしなく長い道程です
もちろん、感性が良い方そうでない方と違ってはきますけれど・・・

せっかく夢を持って花屋さんになろうと思っているのにここまで読んで、花屋さんになるの諦めます( ´Д⊂ヽ  と思わせる為に書いている訳じゃありません(汗;

それだけにやりがいがあるのではないのかと・・・
始めたばかりでプロになれる仕事なんかある訳がない! そして頂上が見えないから頑張り続けれる訳で、向上心のあるお花屋さん・フローリストだけが勉強し続けるんです

生き残るのではなく勝ち残りたい! だからこの仕事辞めるまで進み続けます!




   【読者の皆様にお願い】
      花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
      少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
      ポチッとひと押しで、元気になれるのでクリック宜しくお願い致します。^^

     
           にほんブログ村 花ブログへ
             ↑ ワンクリックよろしく^^

    




スポンサーサイト

| ☆ 業界の事 | 00:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。