花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バレンタインデー

特別忙しかった訳ではないけど、バレンタインという事での男性客は4名いらっしゃいました
昨年からスタートしたフラワーバレンタイン!
そして否定的な自分がそこにいたので、全くもって盛り上がらない昨年と比較すれば、かなりの進歩なのでしょうね^^;

どんな事に対しても、まず自分が納得しない事には動けない自分がいます
ただ、組織としてやらなければならない時は別ですが!

事が運ぶには、全て順序があるのでは? そんな想いから昨年は動けなかった…と、言うよりも動きたくなかった! と言う方が正しいかもしれません

ポリシーの伝達が不十分だった事も確かだし、業界全体のイベントとして動き出すにも遅過ぎたという感がありました

ただ、あれから一年! 時代の流れは僕がイメージしていたものよりも遥かに速く、一般消費者への伝達手段も、TwitterやFacebookを利用する事によって、業界内だけのマスターベーションで終わる事なく広く告知する事が出来たのも大きな要因だったのでは! と、思います

少なくとも、うちのお店に来られたお客様がそうでした

これからの時代、花を売るPRの仕方も大きな課題ですよね
母の日やクリスマスそしてバレンタインデーなどのイベント時だけでなく、日常に花があって当然! そして花を買って帰る習慣が、今の殺伐とした時代には必要なんじゃないかと…



真夜中の戯言でした
スポンサーサイト

| ☆ 日常の仕事 | 02:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。