花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

忙しいとかは理由にならない!

久しぶりに更新・・・

折りしも今日は日本人にとっては忘れる事の出来ない3月11日です。

昨晩店を閉めて事務仕事の最中に、FBでも繋がっているお客様からメッセンジャーが届きました。
「こんばんは! 夜分すいません。いま、お店にいらっしゃいますか?」
もちろん「いますよ!」と返信したところから、このお話しは始まります。

明日(もう今日ですね)の卒業式に担任の先生へお花をプレゼントしたくて、中学3年生の友達数人で花を置いてあるお店(あえてこう書きます)に花束を買いに行きました。
お花の種類を選んだのはその中の男子生徒で、それを包んで赤いリボンを付けて欲しいとお店の方にお願いしました。
ここまでなら、実に微笑ましい光景が目に浮かびます。

でも、選んだお花は白のスプレー菊数本と黄色のスプレー菊だけ。
初めてお花を買う中学生にとって、それはなんの問題もありません。
でも、でもですよ・・・ それに赤いリボンを黙って付ける店員さん? なんとも思わなかったのか(怒

別に菊が悪い訳じゃない! 今の時代、お祝いの花にもいっぱい使います。

白い花が好きで菊の花も大好きな先生だったのかもしれません。
そこで、翌日学校へ持って行くのにお花を持ち帰ったのはその仲間の女子生徒でした。
そのお母様がお花をチラッと見た時に違和感を感じて、相談のメールが来たのです。
写真も送られてきましたが、どうみても仏のお花にしか見えない・・・
ただ、赤いリボンだけが妙に浮き上がっていただけで

まぁ花束は作り直させて頂いたのですが、問題はこのような形で花を売る姿勢が気に入らない!
用途を言わなかった男子生徒に問題があるとも思えない。
なにせ初めての事だし、気恥ずかしさもあったでしょう。
そこで出来る事はただひとつ! 店員さんから何故一言「何に使うの?」と聞いてあげられなかったのか。
そのお店の方針が売れればなんでも良い! と教育しているのかもしれませんが・・・

花屋の仕事って、何だろう・・・
本当に考えさせられる出来事でした。





スポンサーサイト

| ☆ 業界の事 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。