花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分のご褒美に。。。

 昨日の新聞記事を読んでいて思った事がある。

 今、東京銀座では宝石や貴金属を扱う高級宝飾各店が新装開店したり、集客が

 期待出来る目抜き通りに移転したりと。。その理由の一つには、女性が結婚を急

 がない傾向にあり、結婚・婚約指輪の需要こそ低下しているものの、「独身女性

 が働き続け昇給すれば可処分所得が増えて、購入する宝飾のグレードも上がるは

 ず」(田中貴金属)。つまり、男性から贈られるだけでなく、女性が自分にご褒

 美として買うケースが増え、購買増につながっている!というのだ。

 この記事を読んでいて、自分のお店にもたまに買いに来る若いOLさんの事を

 思い出した。「今日とっても良い事があったから、お花を飾りたいの!」

 そんな風にして買っていってくれる方は、正直な話たくさんいる訳ではない。

 というよりも、僅かなんだけれど。。。いやいや先日の事だから覚えているだけ

 の事だけで(汗)、本当はもっとたくさんいらっしゃるのかもしれないけれど、

 自分の為に買っていかれるお客様全て理由を言うとも思われないし、照れもあれ

 ば見栄もあるだろうから。(笑)

 お花を飾るのが嫌いな女性っているのかな? まぁ自分のお金を出してまでは飾

 りたくないけれど、プレゼントならね! というのが大半なんじゃないかな?

 そういえばいつも何かある度にお花をプレゼントに使ってくれる女性は結構たく

 さんいらっしゃるし、「自宅に花を切らすとなんか殺風景で。。。」とか「誰か

 お客様が見えるから、お花を飾るの」と言って購入されていくお客様も結構いる

 にはいるんだけれど、それらとはちょっと違う、『自分のご褒美にお花を!』

 いうのがもっともっとあってもいいんじゃないのかな!と思ったのだ。

 お花と宝石! 使われ方は共通する部分がたくさんあるように思う。男性からして

 みれば、どちらも女性の心をくすぐる要素は十二分に持っているし、気持ちを伝

 える役割にしても同じ事が言えるだろうし。何よりも、リーズナブルに買えるお

 花は、宣伝の仕方によってはまだまだビジネスチャンスがある。今まで自分の為

 にお花を購入された事のない女性軍には、バラの花一本、それはガーベラでも良

 いしラナンキュラスでもチューリップでも何でも良いと思うので、まずはお店か

 らのプレゼント攻撃でもしてみようかな!と安易に考えてみた。もう少し作戦を

 練ってみるとしよう!!



【読者の皆様にお願い】
   花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
   少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
   ブログ内容に賛同戴けた方は、ここをクリックお願い致します。
                  FC2 Blog Ranking


| ☆ 業界の事 | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/200-a119f972

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。