花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

激励FAX

とにかく今年のお盆も終わった。例年になく忙しい一週間だったような気がする。

物日(行事等で忙しい日をそう呼んでいる)になると、いつも決まって仕事は深夜ま

で及ぶ。夏場の夜が短い時など、空がうっすらと明るくなる頃にやっと、お店のシャ

ッターを下ろす事も。。。残念ながら ? 今年は、暗いうちに帰ることができた。

といっても、決して翌日の注文分が全て完成したわけではない。作ろうにも花がな

い! 昨年よりも多めに仕入れたけれど、これは嬉しい誤算だったようだ。でも、その

結果、お断りせざる終えない方も出てしまった。本当に難しいのが仕入れだな、と、

痛感! これで母の日に続いて2回目の失敗。

それじゃぁもっと多めに仕入れれば良い事なんだけれど、これがうまくいかない。 

余った花が咲いていき、鮮度が落ちていくのを見るのは忍びないからだ。

それならば一層の事、3日前に注文の受付を締め切れば、完全な仕入れが出来るん

だろうけれど、それでは、売り上げが激減してしまうのが目に見えている。ほとん

どの注文が、前日もしくは当日だから。。。『完全予約制の花屋さん』理想のスタ

イルだけど、現実にはムリだなぁ。

 

さて、夜中の仕事は、疲れが溜まってペースダウンするのは確かな事なんだけど、そ

れよりも何故か従業員達がハイになっていくのが判る。ちょっとした事が可笑しかっ

たりして、真夜中の休憩時間など喋りっぱなし。。。それはそれで楽しいけれど、ど

こにそんなエネルギーがあるんだろうか? オーナーである自分が真っ先に根を上げ

るなんて事は、絶対に出来ない状態だ。やっぱり、若さか。。。

忙しい時期っていうのは、決してうちの店だけでなく、どこの花屋(形態によっては

そうでないお店や地域によっては休業期間というお店もあるけれど)も一応に忙しい

訳で、昔商売を始めた頃、残業なんて殆んどありえなかった頃は、帰り道に遠回りし

て他所のお店の前を通ってみて明かりがついていたりすると、情けなくなったり落ち

込んだり。。。

でも、発奮材料になった事だけは間違いないし 今でも忘れられない想い出だ。


 
今年のお盆も深夜に、伝票と睨めっこしながら花束やアレンジメントを作っている

と、突然FAXが鳴り出し、「え? こんな夜中に悪戯電話?」 と思いきや、仲の良

い花屋さんからの、『お手紙』が届いた。内容はというと、他愛もない事しか書かれ

てはいないんだけど、それが本当に嬉しい。もうここ何年か、母の日や年末にそんな

やり取りをしている花屋仲間がいる。

全くそんな時間があれば、花束の一個も作れるだろうに!なんて思いながら、『返

事』を書いていたりする自分もいる。でも、夜中のお遊び的なメールやFAXのやり

取りは、一瞬疲れが飛んで行き、元気を取り戻す源になるのは間違いない。そんな彼

は、僕よりもず~っと若いけれどとっても勉強熱心だし、何よりもファイトがある。

そんな仲間と、ゆっくりと酒を呑める機会は地理的な要因もあって、1年に僅かしかな

いのが残念でならないなんて考えているのは、店も暇になり、余裕が出てきた証拠か

な!

| ☆ 日常の仕事 | 13:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/217-3b8ce3ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。