花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お 盆

   2006年8月12日記

明日はお盆の入りにあたる。ただ正確に言えば、お盆の時期は3通りもある。恥ずか

しながら、7月盆と8月盆(月遅れ盆ともいう)しか知らなかったけれど、その他

「旧盆」があるという事で、この3つがそれにあたる。知っているようで、知らない

事って本当に沢山あるもんだと、今更ながら情けなくなる自分がいるけれど、「お盆

ってなぁに?」と、子どもに聞かれて、簡単に答えれる大人っていったいどの位いる

のかな? なんて考えだすと、また真剣に調べている自分がいる事に気がついた。

そこで正確な呼び方は、『盂蘭盆会・うらぼんえ』というが、これも昔、吉田拓郎の

唄の歌詞の一小節にあったりして覚えていたりするけれど、さて?その意味は???

まだまだ明日のお届けの花を作らなければならないので、気になった方は、是非自分

で調べてみてほしい。 地域によって”盆入り”も違えば、風習も違う。 ”七日

盆”、”七夕”、”盆踊り”等、その繋がりも面白い。


さて花屋の仕事としてはかなり忙しいこのお盆の時期、帰省してくる友人も多いの

に、なかなかゆっくりと、呑みにもいけない事だけが残念でならない。

北海道の夏はお盆が終わる頃には、はや秋の気配が漂ってくるので、この時期の暑

さは仕事なんかしないで、おもいっきり夏を楽しみたいなんて考えてしまう。。。

こんな考えで良いのか。(笑)  とりあえず、皆さんも夏バテせぬよう健康に留

意して、先祖供養のためにお花を携えてお墓参りに行ってきて欲しい!

 
    仕事の続きがあるので、今日はこの辺で。。。。



| ☆ 業界の事 | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/218-379cf1cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。