花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3級技能検定

   2006年8月5日記

『技能検定は、労働者の有する技能を一定の基準によって検定し、これを公証する国

家検定制度であり、労働者の技能と地位の向上を図り、ひいては我が国の産業の発

展に寄与しようとするものであって、職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)

に基づいて実施されています。』 とある。

昨年度から『フラワー装飾(フラワー装飾作業)』に3級技能検定が新たに増えた。

この3級という制度は花に限らず、専門学校卒業生・在学生、職業訓練修了生・訓練

生等を対象としていて、日本の高度経済成長を支えてきた いわゆる『職人』を育て

る為の制度であり、大変歓迎できるものと思っている。一昨日、その3級の実技試験

が行われた札幌の会場へ行ってきた。(昨年は腰痛の為に辞退(笑)) 流石に1・

2級と違って、初々しい専門学校の生徒が大半を占めていた訳だけど、何よりも彼女

達(今回は、全員女性でした。)の目が輝いている。
 
これから花の世界を目指そうという(全員がそうなのかは、判らないけれど)若い方

が、いるというのがこの花業界にとっての一番の朗報ではないかと感じた。

見た目の華やかさや憧れだけで出来ないのは、この花の世界で商売をしている人間

なら、店主に限らず、従業員・パート・アルバイトを含め全員が思っている事だと

思う。 しかし、今回の受験生、そのほとんどが農業高校の生徒であり、一般過程

の高校生よりも植物に触れている機会も多いだろうし、花の仕事の大変さ、その事の

全部ではないにしろ、少しは判っていて受験してくれているとしたら、もし今回が

失敗に終わったとしても次の機会にまたチャレンジしてくれるのでは?と切に願っ

ている。

発表前にちょっと失礼な事を書いているかとも思うけれど、決して彼女達の出来が悪

かったとかいう事ではない。



花屋の従業員はどこもなかなか定着しないで困っている。。。という話しをよく耳に

する事がある。それはやっぱり、憧れだけで職業を選んだ現実とのギャップに他なら

ない。当然ながら、一朝一夕にして素敵な花束やアレンジを作れる訳がない。お客様

が選んだ花を包装紙に包むのだって初めてなら簡単にはいかない。花屋にとっては基

本的な事を覚えなければならない事って本当に山ほどある。でもそんなプロセスが面

倒で、仕事の面白さを知る前にギブアップしてしまうのが、辞めていく人間の大半な

ような気がする。

   『石の上にも3年』

なんていうのは、もう死語になってしまったんだろうか。

 
 
3級の試験を受けた彼女達が、将来この業界へ飛び込んできた時、『花で良かっ

た!』 と思えるように、今自分達が出来る事も同時に、見つめ直さなければならな

い。。。札幌からの帰り道、そんな事を考えていた。
 

| ☆ 業界の事 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/219-28d40564

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。