花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

沖縄にて

   2006年6月4日記

母の日が終わって、花屋さんは、少し?(かなりかも)暇な時期となり、研修と慰安

を兼ねて沖縄まで出かけて来た。地元の花屋さんで構成されている旭川生花商組合

(総勢43店)の中の15店(名)での旅行は、僅か二泊三日という強行スケジュー

ルでもあり、その中で感じた一番大きなことは、やっぱり、狭いと思っていた日本

も、なかなか広い!が実感出来たことかもしれない。 今更ながら。。。だけど。

何せ、冬の最低気温が10℃そこそこまでしか下がらないというのは、北海道人にと

っては全くもって考えられない事。。。また、今年は以上に寒い年でもあり、今だに

朝晩は10℃以下が、珍しくもない。



さて、その沖縄で『太陽の花』として日本全国に出荷している 沖縄県花卉園芸農業

協同組合を訪れた。ここで驚かされたのは、年間出荷量が1億8千万本にものぼると

いう事!

これは単純に計算しても、一日50万本ですよね! 箱詰めされて、日本各地へと空

輸される訳で、暑い沖縄からそのまま送ったんでは箱の中で蒸れてしまい、各市場へ

着いた頃には品質が下がってしまい売り物にはならなくなってしまう。

そこで、一瞬にしてお花を冷やす大きな『予冷装置』が4台も設置されていた。一昔

前なら着荷状態が悪く、ムレ等で、痛んでしまっていた事が多々あったけれど、今で

はほとんど見受けられなくなり、真夏でさえ鮮度が確かなものとなったのは、我々生

花店を営むものとしては、本当に助かる。

単に沖縄の『花』といっても、決して那覇近辺だけで作られている訳ではなく 宮

古・伊江・ 石垣・久米島。。。等々、離島で作られた花もいっぱいあるんですネ!

弊社でよく使うグリーン「モンステラ」「ドラセナ」「オクラレルカ」「タニワタ

リ」等は全て、ここ『太陽の花』のお世話になっている。


普段お店でなんとなく使っている切花も、その出荷元を知ると良い勉強になり、アレ

ンジメントを作っていても、沖縄への旅を思い出す今日この頃。。。まだ長袖の服か

ら離れられない。

|   プライベート | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/228-c173ac95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。