花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近のペット事情

   2006年4月30日記

現在日本で飼われているペットの数は、犬・猫だけでも1,850万匹にものぼると

いう。単純に計算してみると、国民の7人に1人が犬や猫を飼っている計算になる。

その他の小動物を入れると、いったいどの位の数のペットが一般家庭で生活を共にし

ているのか、ちょっと驚いてしまう数字である。と言いながら筆者の家でも、しっか

りと犬を飼っているんだけど。。。

確かに疲れて帰ったときに、千切れんばかりに尾っぽを振ってくれる姿は可愛いとい

うよりも、愛おしくさえなってくる。。。



せっかく可愛いペットの話しなのに、ちょっと恐縮しながらそのペット達のお悔やみ

の話しをしてみたい。一昔前までは、ペットが亡くなっても精々花の2~3本を飾っ

てあげるのが関の山だったのに、ここ最近ではかなりの数で、可愛いワンちゃんが亡

くなったのでお花を飾ってあげたいとか、ネコの祭壇(?)に飾るので。。。等々

ペットが亡くなってお通夜をしてあげるというお客様もいらっしゃった。そしてその

方は、四十九日にもお花を購入されている。まぁ数少ない例かもしれないけれど、確

実にペットの供養は我々お花屋さんの世界でも、一つの分野としてなりたっていくの

かもしれない。


つい先日、旭山動物園でマルミミゾウのナナちゃんが亡くなったのは、全国的なニュ

ースとしても流れたが、やっぱりお悔やみの花を届けて欲しいとのご注文があった。

たぶん動物園からは一番近い花屋さんというのも理由の一つなのかもしれないけれ

ど、確実に動物(ペット)達は生活の一部となって来ている。これはこれで素敵な事

なんだと思うけれど、最近の新聞等の記事でも読み取れるが、どうも人間関係が希薄

になってきているような、その愛情をペットに求めているような気がしてならない。

もしそうだとすると今のペットブーム、素直に喜んでいいのか考えてしまう。



それでも確実にペットの需要が増えている訳だから、このサイトの中にもペット用の

1ページを作らなければ。。。と考えるのは、当方商売人なのでご理解のほど

を。。。。

| ☆ 視点 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/234-4d756073

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。