花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カメラ

   2006年3月18日記

3月は、やっぱり忙しくて自分の時間なんてほとんど持つ事ができない。

そんな中で先日、ブライダル雑誌の撮影の為に、ほとんど丸二日間ホテルに缶詰状態

になり、次から次へと作り続けなければならない。小物にもアクセントでお花が欲し

いからと、限られたお花の中(お店ではないので)からチョイスしたものを、即興で

アレンジしたりと。。。



カメラマンは札幌から来た方で、もう何回も一緒に仕事をさせて頂いているが、まだ

若いと見受けられるが、とっても謙虚なのには驚かされる。

どの業種でも、ある程度の成功を収めると傲慢な態度が、何気なく見え隠れするもの

だけど、そんな素振りは微塵も感じさせない。



僕はいつもカメラを持ち歩いてはいるものの、仕事はあくまでも花屋である。ただ、

花に限らず、素敵だな!と思うデザインに出会うと、いつでもシャッターを切れるよ

うに持って歩いている。だから、サイズ優先のデジカメであって、決して高価なもの

ではない。それでもやっぱり最近のものだけあって、600万画素もあり全てを使い

こなしている訳ではないが、便利さでは必須アイテムの一つとなっている。 いつも

のように横道に逸れてしまったが、彼(カメラマン)が言うのには、「自分らはプロ

であり、当然、機材にもお金がかかる。。。カメラ一台が、交換レンズと合わせて

800万なんですよ!でも、もっともっと高いものもあり、1千万を超えるものもい

っぱいあるんです。でも、趣味で撮るなら、安いデジカメでも十分に耐えられる思う

し、素人目にはわからないものもいっぱいありますよ!」 との事。そして、機材に

頼るだけでなく、ライティングや構図の基礎知識の方が、大事だよ。。。とも。

日常仕事をしていて写真を撮れるチャンスは、ほとんどない!のが現状でもある。

その中で、気に入った写真となると、これまた数少ない。言い訳をすれば、狭い仕事

場には、撮影スペースが確保されている訳でもなく、照明だって、内臓ストロボだけ

でプロ顔負けの良い写真が出来る筈もない。

でも、一緒に仕事をしていて、なるほどと勉強になった事がたくさんあった。分野は

違うが、お花のデザインにも使えるなと思った事も随分とあったような気がする。

やはり、広く外に視野を広げる事が大事なんだと、今更ながら改めて認識した。

|   プライベート | 00:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/240-7745bfcc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。