花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イチローの作文

   2006年2月4日記

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校と全国

大会にでて活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。僕は3才の時から練習を始めてい

ます。3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、

365日中360日は、激しい練習をしています。だから1週間中で友達と遊べる

時間は5~6時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手に

なれると思います。

そして中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロ野球選手になれると思います。

そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。ドラフト入団で、契

約金は、1億円以上が目標です。

僕が自信のあるのが投手か打撃です。去年の夏、僕たちは全国大会にいきました。

そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン選手と確信で

き、打撃では県大会4試合のうちホームランを3本打ちました。そして、全体を通

した打率は、5割8分3厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。そ

して僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。

だから、この調子でこれからも頑張ります。そして、僕が一流選手になって試合に

出られるようになったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも

夢の一つです。

とにかく一番大きな夢はプロ野球選手になることです。

                                                         6年2組 鈴木一郎




この作文は、あのイチローが小学校の時に書いたもの。

ネットサーフィン中に偶然見つけたものだが、この作文が、イチローと知らなけれ

ば、ただ生意気なだけの可愛げのない子供が書いた。。。で終わってしまうんだ

ろう。

夢を現実のものとする。。。言葉にすれば綺麗だし、誰もがそうありたいと願って

いる筈。でも有言実行ほど大変だって思わない?? それを叶えさせてくれた家庭

環境にも恵まれてはいたのかもしれないけれど。。。



ここ最近新年会続きや、暴飲暴食?がたたって体調を壊し、4日間も寝込んでしまう

という、ここ20年内で味わった事のない悲しい時間を費やしてしまい、まぁそれは

それで身体を休めるという意味では、良かったのかな??と、楽観的な見方をするこ

とにした。

テレビを見る訳でもなく、新聞からも遠ざかり、ましてパソコンなんか触る気持ちに

もなれずただただ、ぼ~っと過ごしてみた。



  話しを元に戻そう。

大人になればなるほど、自分が読めても来るし、能力の限界も見えてくるから冒険も

しなくなる。

”転ばぬ先の杖 ”という言葉をどう捉えるかによっても人生ってかなり違ってくるん

じゃないかな?

知識だけが先行してしまうと、その答えを自分の過去のデータと照らし合わせて見つ

けてくる。

だから、親が、教師が、まるで全知全能の神の如く、全ての答えを知っているかのよ

うに、それをしてはいけない!やっても無駄!!と、端から否定にかかってしまう。

かりにそれが本当に失敗で終わったとしても、自分で経験しない事になんの価値があ

るだろう。選択の余地を残した

アドバイスならまだしも、右を行けば地獄だよ。。。左だって全く意味がない!!!

だから、あなたはこの真直ぐ伸びた国道が広くて安全だし、夜だって街灯があるから

心配ないよ!と、道案内をしてしまう。。。。悲しいかな、多くの先輩のアドバイス

なんて、努力もしなかった自分の失敗をそれこそが真実と勘違いしてのものなんだと

思う。



可能性っていう未知のものに対して挑戦。。。これさえ抱き続けていればいつまでも

輝いていれると思う。いつまでもガキのままでいる事の方が、バカな奴だと否定して

しまう大人ぶったつまらない人間でいるよりも、遙かに楽しい人生ではないのかな?

人それぞれの幸せの尺度だって違っているんだしね! と、イチローの作文からはち

ょっとかけ離れたところに、支離滅裂ではあるけれど、いろいろな事件が世の中を賑

わしている間、十分な休暇をとった頭の中を駆け巡った今日この頃だった。

| ☆ 仕事から離れて | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/246-9e85b9d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。