花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時代の流れ

   2005年10月1日記

ネットサーフィン中に、面白い記事を見つけた。

冠婚葬祭互助会のくらしの友の、「葬儀に関する団塊男性へのアンケート」(1947~

49年に生まれた首都圏の男性400人によるインターネット調査)によると、
  
     自分の葬儀のスタイル
      ・従来型の葬儀  32.0%
      ・オリジナルな式 15.0%      
      ・しなくていい  25.3%       
                     ※参列者を家族や親族、友人ら
                     に限りたいとの意見も目立った。

     自分の葬儀に流したい音楽
      1位 ビートルズのイエスタデイ
      2位 川の流れのように
      3位 マイ・ウェイ

サンプル数としては若干少ないとしても、高齢化社会が進む中で、いわゆる団塊の

世代が葬儀を取り仕切る中心となっていく時代に、宗教に囚われずという考え方が

増えていくのも、同期の仲間や同世代の業界人と話しをしていても納得がいく。


昔からの大切にしていかなければならない風習や慣習もあるだろうが、はっきりと

判っている事は確実に時代が変わってきているという事実だ。

冠婚葬祭としてのお祝い事に結婚式があるが、昔は必ず媒酌人を立てていたものだ

が、昨今そのようなケースをほとんど見た事がないし、規模も縮小化傾向にある。

挙式スタイルも変わってきている。


花屋としては、冠婚葬祭全てに関わる仕事をさせて頂いている訳で、これからの時

代にどのように関わっていけば良いのか、又、どんな提案をしていくべきなのかを

考える時期に来ているようだ。


余談ではあるが、自分の葬儀に流したい曲もやっぱりビートルズなのかなぁと思う。

団塊の世代よりは若いんだけれど・・・


| ☆ 業界の事 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/265-5d4d391a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。