花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

組織

   2005年9月4日記

道花連という北海道のお花屋さんが加盟している組織がある。全道の500件ほどの

会員・仲間で構成されている。

もちろん、加盟するもしないも個店の自由であり、また、束縛されるものであってな

らないのは、どの業界の組織においても同じであろう。

大事な事は所属する組織に対する考え方なんだと思う。

会費を払っているのだから、それに対しての見返りを・・・なんていう利己主義では

成り立っていくはずもない。

問題はどのようにして育てていくかであって、それに対して自分がどう関わっていく

かなんだと思う。

どの業界の中にいる一企業であっても、自分の店・会社を第一に考えなければならな

いのは当然ではあるが、業界全体の発展なくして個店だけが大きく成長するには限り

があるのは明白だ。まして、我々が扱っている商品が決定的に違っているのは、一般

的に考えて生活必需品ではない事だ。

それでも、一輪の花を飾りたいというお客様が来られた時、そしてお花を見ている時

の表情は、本当に優しい顔をされている。そんな消費者を裏切らない為にも、我々が

なすべき事を一個店で考えるのではなく、業界全体で模索する必要があるのだと思

う。

是非、道花連に所属する会員が読まれたなら、もう一度一緒に考えて欲しい。

また、道内の加盟していないお花屋さんが読まれたのなら、我々の仲間となってこの

素敵な、夢を売る商売の未来を見つめなおそう。

それは、まだまだお花屋さんになりたいという子供達がいっぱいいる、今なんだと思う。


| ☆ 業界の事 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/269-89cbc9fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。