花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不祥事・・・

   2005年8月23日記

優勝の余韻も冷めぬうちに悲しい事件である。暴力事件の発覚。

多分、「俺について来い」という熱血指導が仇になっての不祥事、と思いたいけれ

ど、根底にあるものはもっと根が深いのかもしれない。こんな事を書くと、暴力賛成

と誤解を招くかもしれないが、よく昔から、愛の鞭という言葉があるように、げんこ

つの一つくらいなら、問題にするような事もないように思う。

勿論、怪我をするようなものではなく軽く、軽くの話しだ。それが、師弟のコミュニ

ケーションでもあったと思うし、ぶたれた方もその真意を汲める間柄が前提として必

要なんだとは思うが。

ただ残念なのは、今回あごが外れる程の”鞭”であったりスリッパでたたくという、

やはり常識を大きく逸脱した事件である事には違いない。学校の対応の不手際もある

だろうが、時間のない中でパニックに陥ったであろう光景は容易に想像できる。結果

論として、こうすれば良かった、あのやり方は間違いだったと評論家のように語るの

は簡単な事だけど、誰がテキパキと対処する事ができただろうか。

そういう意味では学校も犠牲者なのかもしれないが、やはり一番の犠牲者は選手達

である。

一生大事に出来る筈の楽しい思い出が、たった一人の不祥事によって心を痛める記

憶となってしまったという事だ。

彼らのことを考えた上で、一番良い方法を見つけ出すのも、大人の責任なんだと。


| ☆ 視点 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/271-290785f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。