花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感動って!

    2005年8月22日記

駒澤大学付属苫小牧高校が優勝。本当におめでとう、そしてありがとう。

苫小牧市民のみならず、全道民がテレビ・ラジオの前に釘付けになった。

普段それ程野球に興味のない人々までが、感動を覚えた至福の時間だったんじゃないかな。

逆を言えば、感動する事がなくなっている時代、多くの人は流れるままに、そして流

されるままに毎日を送っているような気さえする。

娯楽番組で笑う時があっても、心の底から嬉しい喜びではないよね。

とても残念なのは、自己中心にものを考えるから、情けなくそして、あまりにも悲し

い事件が新聞紙面を賑わしてくれる、今日この頃。

だからこそ、こんなにも爽やかで明るいニュースはやっぱり嬉しくてしょうがない。

仕事をしていても元気が湧いてくる。

多分、大事なのはそこから何を感じるかなんだと思うけれど、自分の仕事は、勿論花

を売る商売。電話で、ネットで、そして来店されるお客様に素材としての切花を、色

とりどりに組み合わせた花束をアレンジメントを、買って戴く事だ。今更だが、仕事

としてお花を扱っている以上、そこから利益を生み出さなければならない。決してボ

ランティアじゃないし・・・

だからこそ、お花と一緒に ”感動”を持ち帰ってもらわなければならない。鮮度なん

て売りにすべき事じゃないと思っている。当然の事だ。ただ、日持ちのしない、弱い

お花だってある。仕入れて2日3日しか持たない花だってある。素直にそのお花を理

解して持ち帰ってもらう。決して造花やブリザーブドフラワーを扱っている訳じゃぁ

ない。朽ちていく花の姿にさえ感動を覚えてもらいたい。

勿論、用途が違えば商品の中に使うのを控えるのも当然で、納得をして戴いたお客様

にだけ買っていただければ良いことだ。幸せな事にうちのお店のお客様には、そんな

花を欲しくて訪ねてきてくれる方が多いという事だ。

そんな訳で、お店に来て頂いたお客様とは会話も弾む。花を知って頂く、目で楽しん

で頂く。

今年の夏の甲子園!全てを生で見れた訳ではないけれど、(それ程暇でも困りま

す・・笑)明日からの仕事に繋がる大事な事を再認識させてくれた、そんな気持ちで

いっぱいだ。


| ☆ 視点 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/272-319d78a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。