花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日までそして明日から

まだまだ人生を振り返る時でもないのは判っているけれど、息抜きとしてユーチューブを
見ていて(結構息抜き多すぎるかも^^)、懐かしい音楽や映像を見ていたりすると、つい
つい感傷に浸ってしまう時ってありますよね。
そうなんです。見かけ通り 見かけに因らずロマンチストだったりもします(笑

それはまだ学生だった頃。
その若さがいつまでも続くような錯覚にも囚われていたし、毎日毎日がとにかく新鮮で 楽し
かった記憶だけが蘇ってきます。

         a 01411


学園祭が来る何日も前からギターを持って練習したのは、当時流行っていたフォークソング。
同じフレーズを何度も何度も繰り返し、指の先は豆ができ、つぶれてもその同じところにまた
豆ができるという・・・今でも記憶を紐解いた時、その指先には当時の痛みも残っていたりす
るものなんですね。

吉田拓郎がまだ若干20歳の頃に唄うその歌詞の内容が、やけに哲学っぽくて魅入られて
しまい、それに釣られて自分でも作詞作曲はしたものの、う~~~ん ムリ^^;

当時は親元を離れた下宿生活で、レコードを買う余裕もなく借りてきたテープレコーダーで、
それはもうテープがへなへなになるまで聴いては巻き戻しの繰り返し。

初めてたったステージが中1の春。 3年生の追い出しコンパでした。担任教師も快く理解
してくれて、学校にギターを持って来ては放課後授業が終わった後、「もうそろそろ帰れ!」
と、言われるまで練習したものです。こうして考えてみると、負けず嫌いは今も当時のまま
なんですが、どれも結果が伴ってこないのも、生まれ持った宿命なんでしょう・・・(爆

思うように指も動かず、初めて覚えたコードは、3つだけ。
Am、E7そして、Dm!  そしてG7やらB7。。。。。段々と難しくなりFに挑戦するものの、
音が濁って使い物にはなりゃしない(泣

格好つける筈だったのに、人生の中での挫折は意外と早くやってきたんですよね( ´Д⊂ヽ

練習の成果はほとんど見られないままにその日が来てしまいました。

でも、

演奏(と呼べるほどのもんじゃあありません(照)が終わった後の拍手は、先輩たちの優しさで今でも
心の中にはその笑顔とともにしっかりと記憶されてます。

懲りずに、高校時代そして大学に通っていた頃もギターだけは手放せませんでした。
今にして思えば、当時の下宿やアパート住まいだった頃のお隣に住んでいた方達って、
本当に我慢強い人ばっかだったようです^^

廻りの人達や友人達には本当に助けられてきたんだと、今改めてこの秋の夜長に感じ、
これからもこうして生きていくんだろ~~ ♪

あれ?いつのまにか タクロー だ。。。 (=゚ω゚)



   【読者の皆様にお願い】
      花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
      少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
      ポチッとひと押しで、元気になれるのでクリック宜しくお願い致します。^^

     
           にほんブログ村 花ブログへ
             ↑ ワンクリックよろしく^^

    




|   プライベート | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/304-c12cd197

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。