花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢を売る。。。

”夢を売る仕事” 言葉にするのはとても簡単ですが最近よく考えさせられます
店舗内での演出はプロローグに過ぎないのかもしれないけれど、毎週活け込みをさせ
て頂いている激混みのケーキ屋さんを見ていると、とても大事な部分だと痛感してし
まいますね

       20091201001.jpg

       20091201002.jpg


側にあるから行くお店、何かを期待出来るから遠くても行くお店、それぞれ使い分け
は勿論誰にだってあるでしょうけれど、当然後者でありたい。。。
裏を返せば、近くても行かない(来てくれない)お店ではダメなんですよね

それじゃあその違いってどこにあるのでしょうか
品揃え・鮮度・価格・花束が上手・店内装飾・販売員の接客・・・etc
どれも大事なんでしょうけれど一番大切にしなければならない事は、何といっても
店売りの部分だけで考えれば接客です 決して来店されたお客様にべた~~っとくっ
付いてという事だけはしたくもありませんし、何よりも嫌がられるだけでしょうけれ
ど これは本当に奥が深い。。。男性と女性の場合でも違ってくるし相手の年齢にも
よるんでしょう 接客する側も若い店員と自分では当然同じで良い訳がない(笑 

       20091201004.jpg
         目線よりも上に飾った四方見のお花

       20091201005.jpg
         ライトを浴びたトルコ桔梗、綺麗でした


ひとまずその話は置いておくとして、店内装飾の部分です
最初にも書きましたが、毎週の活け込みをさせて頂いているケーキ屋”ダンデリオン”
さんのディスプレィではいつも見事に季節を演出しています(それはうちのお花が演出
している訳ではありません^^;)
我々花屋は季節の商品がいつもふんだんにある訳で、それが見事に季節を演出して
くれていると勘違いをしているような気がします もちろんハロウィンやクリスマスくらい
は飾り付けもするのでしょうが、四季折々の飾りをマメにやっているお店って自分のと
ころを含めどのくらいあるんでしょうか?
早春・春・初夏・真夏・晩夏・秋・冬と日本の中でも北海道は一番季節を感じさせて
くれる土地ではないでしょうか
それなのに・・・

       20091201006.jpg
         入口横のガラスケースの中に・・・

       20091201007.jpg
         カウンターの上には造花ですが^^

       20091201008.jpg
         トイレの中にも


”夢を売るのが商売”

そう自負していても果たしてお客様もそう理解しているかが大きな問題なんです
”すぐ手に入りそうな夢”と ”届かぬ夢”があります
そのどちらかでも良いけれど、夢の世界を見せてあげられる”花屋”である事が、
これから生き残る為の、いや勝ち残る為にも大切なんだろうし今後の大きな目標
にしてみたいと思います



   【読者の皆様にお願い】
      花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
      少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
      ポチッとひと押しで、元気になれるのでクリック宜しくお願い致します。^^

     
           にほんブログ村 花ブログへ
             ↑ ワンクリックよろしく^^

    

| ☆ 視点 | 22:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おつかれさまです
活けこみっていうか、装飾の仕事ってホンとに難しいです
ケーキ屋さんへはお伺いしたことがないんですが、飲食店への行け込みってきっとかなりお気を遣われるんでしょうね

ボクはレギュラーで住宅展示場への活けこみのお仕事を授かってるんですが、クライアントが「どんどん好きなことやっちゃっていーよっ♪」とおっしゃっていただいても、肝心の住宅空間に勝ってしまう(花にしか目が行かない状況)ほどの事はしちゃいけないんだろうなぁと思いつつとか

婚礼とかは異空間でしょうけどね~

勉強になりました

| 鬼総務 | 2009/12/02 13:56 | URL |

鬼総務様

活け込みでも婚礼でも一番気をつけなくっちゃならないのは、やはり主役が何なのか。。。でしょうね^^
あくまでも引き立て役に徹するのが装花の役目なんでしょうから。

| 北の大地 | 2009/12/02 14:37 | URL | ≫ EDIT

いつも

いつも、夢の世界を見させていただいて
本当に有り難うございます。

これからも

いっぱいの夢花をお願いします。

| Akira | 2009/12/02 14:56 | URL | ≫ EDIT

Akira 様

そう言って頂けるだけで嬉しく思います。

でも

お客様からパワーを貰っているのは確実に自分たちの方なんですけどね^^

| 北の大地 | 2009/12/02 16:22 | URL | ≫ EDIT

おつかれさまです!

夢を売るというと一番先に思いつくのはネズミの国!
なんて思っているのは私だけ?

しかし花屋も夢を売る仕事ですよねえ・・・
その演出としての店舗ディスプレーがなかなか追いつかない(泣)
花って並べてあるだけで、ついつい季節感を演出しているような気がして後手後手になっちゃうんです!
そんなもので良く売れた後は、一気にディスプレーが崩れたような気がして・・・もっと演出に工夫をしないといけまのせんね!
改めて勉強になりました<(_ _)>

| 花鹿男 | 2009/12/05 16:59 | URL | ≫ EDIT

花鹿様

ネズミの国!
ごもっともだと思います^^
到底まねの出来るようなところではないけれど、随所にヒントは隠されてますよね。

花屋の店頭ディスプレーの場合、商品も一緒にその一端を担うので、仰られる通り忙しい後は崩れたりもしますよね(笑
だから工夫が必要なんでしょうけど。。。。まじ難しいわ(自爆

| 北の大地 | 2009/12/05 21:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/379-a0595bea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。