花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近話題の宅配について

北国での冬の暮らしは、時として想像を絶する。

我々花屋の場合も然り、車を使わなければならない仕事では、路面状態も

よくチェックしておかなければ事故と隣り合わせ状態・・・


     DSCF0054    光輝いて、そりゃぁもうきれいなもんですよ^^
アイスバーン






こんな風に、路面が凸凹状態ではあるけれどスケートリンクになった日には、

配達時間も大幅に変わってくる。 わずか30キロのスピードで走っていて

急ブレーキをかけてもそう簡単には止まってくれるもんじゃない。

夏場配達に30分で行って帰ってこれるエリアでさえも1時間!なんて事も。

外気温が-10℃を超えると簡単に花だって凍ってしまうから、荷物(花束

アレンジメント)の車と建物の積み替えだけでも裸状態なんてとんでもない。

車だってアイドリングで十分に暖めてからでなければ、配達中に凍ってしまう。

そんな事を理解せず北国の寒さをとっても安易に考えているから、簡単なラッ

ピングだけで暖かな本州からも花の宅配をして、結果そこの花店のクレーム

処理に何度代替え品をお届けしただろう。

     DSCF0067    
DSCF0068






配達業務だけを考えればそんな理由で、自店でお届け出来る範囲以外は、通信

配達組織に頼っていた訳だ。

宅配業務をしている花屋さんの中でも、なるほどと感心させられる処も確かに

あった。紹介していいのか悪いのか^^

現在ネットからの注文は近場しか出来ませんよ~と謳っているし、それで満足も

していたけれど、考えてしまうよね。

なんてったって、人員増やさなければならないし、遠方からのクレームを受け

たらどうしようか・・・なんてやる前から(爆)




 【読者の皆様にお願い】
   花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
   少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
   ブログ内容に賛同戴けた方は、ここをクリックお願い致します。
   色々なお花屋さんのブログも見れますよ^^

         にほんブログ村 花ブログへ
        ワンクリックよろしく^^

                    四季彩ウェブサイトはこちらから

| ★ 未分類 | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/41-712be37f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。