花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

組織

花屋の業界って本当にいろんな組合やら団体がいっぱいあります
確かに目的も違えばその主旨も異なる訳ですから何かイベントや事業を展開しようと思った時の財源を考えれば、会のお金を使える場面とそうでない場面があって、いっぱいあるのも納得なんですけど。。。

ここに来て組織のあり方について考えてしまう事が度々あります





発足の時にはあまり深くも考えないのか、またスタートしてみなければわからない!という事もありますが、一つの大きな目的意識に向かって邁進するし、またそれが出来ていたような気がします
会の仲間みんなが同じ気持ちの中にいた!というのも確かです

でも、時とともにまた経営(財務)状況等によっても考え方が変わっていくのは極自然の流れなのかもしれませんし お店によっては自分の親の世代から引き継いでいるだけで、情熱なんかも全く持ち合わせていないよ!なんて、さらっと言ってのける方もいます  勿論、これって2代目3代目を否定している訳ではありません
立派に継がれている方もいっぱい存知あげています
ただ、自分の意思での入会ではないという事を言いたかっただけとは思いますが。。。

綺麗事ではなく最近思う事に、組織は個々のお店に利益をもたらす為にだけあれば良いのか?
花業界の未来って、今のまま進んでいけば衰退の一途を辿るような気がしてなりません
この産業のあらゆる過程において自分の利益だけを追求している現状では、花農家も夢を持てなく生産を止めてしまうだろうし、我々小売店も経営が成り立たなくなる日がそう遠くなく近未来としてやって来るような気がしてなりません


環境問題が大きく騒がれていますが、勿論これは今生きている我々が直面している自然環境の汚染による健康被害とかも含まれてはいます でももっと大事な部分としては、我々の子ども達へ残すべきものの地球規模での話ではないでしょうか
そこには利権とかの醜い話もあるようですが、純粋に考えれば後世繋げていかなければならない財産を今ここで失う事がどうなのかなのです

これは我々の花業界についても全く同じ事が言えるのではないんでしょうか
花のある暮らしは、我々花屋が商売をする為にあるんではないという事です  
少しでも癒されたいと思う人々の心を埋める、大きな役割を果たす重要な仕事ではないんでしょうか
その為の活動、それは今日明日に達成できるようなものではない。。。そして個々のお店レベルでなんかじゃ高が知れているんです


花の文化を繋いでいきたい。。。

そんな願いを組織に、そしてこの業界に求めるのはムリな事なんでしょうか




   【読者の皆様にお願い】
      花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
      少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
      ポチッとひと押しで、元気になれるのでクリック宜しくお願い致します。^^

     
           にほんブログ村 花ブログへ
             ↑ ワンクリックよろしく^^

    



| ☆ 業界の事 | 22:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

状況を憂える御意見に、賛同いたします。

組織に限らず、
なるべく多角的に物事を理解しようと努力したり、広く長期的な視野で考察しようと試みたりすべきかとおもいます…しかし現実には少数派!?

詰まるトコロ、侵略や飢餓に脅える機会の少ない国に居るからこそ、他を思い遣るクセを子育ての段階でつけなければいけないなぁと、ワタシは考えています。

さぁてっ!!
頑張りまっしょい♪~

いつも素敵なブログを、ありがとうございます。

| fragrance. | 2010/02/23 20:56 | URL |

fragrance.様

コメント有難うございます。

そして何よりもご賛同頂けて嬉しく思っています。
自分もこの厳しい時代の中で商売を展開している為に、当然の事ながら、いつもその為に奔走出来る訳ではありません。
でも、僅かな時間でもそんな風な事を考えたり、実践出来る何かを探し求めていく事だけは忘れないでいたいと思ってます。

追記:素敵なブログでありたいとは思ってはいるんですが。。。(汗;;

| 北の大地 | 2010/02/23 21:24 | URL | ≫ EDIT

北の大地 サマ



“花のある暮らし”


それ自体が、商業利害を超えて続いて欲しいです…


一枝の花が家族の一食と同価格ならば、花を選べない現実があります。
しかし、生きている花の一瞬の美にそれだけの価値があるから、シャレでプレゼントしたくなるのですよねっ!!

差し上げる相手の表情を楽しむ、ラテンな文化も広めなきゃ('-^*)/です。

二日にわたり、お邪魔しちゃいました(→o←)ゞ

| fragrance. | 2010/02/24 08:24 | URL |

fragrance.様

二日にわたり有難うございます^^

一切れのパンよりも。。。というのがフランスにもありましたよね

>差し上げる相手の表情を楽しむ
これって凄くいいですよね^^ そんな花の使われ方も楽しそうなので、何かヒントとさせて頂きますm(_ _)m

| 北の大地 | 2010/02/24 14:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/422-6ac1189d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。