花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

評価する事の難しさ

今日のニュースやブログには当然ではありますが、嫌と言うほど昨晩の「日本×パラグアイ戦」の記事で溢れていますね
自分もその一人である事は間違いありません^^

さて、日本人だけがそうなのか、人間の持っている本質がそうなのかは判りませんが、あまりにも身勝手なものだと痛感させられたのが、今回のワールドカップでのファンの反応でした
って、まだ終わってはいませんけど(笑

大会直前までずっと勝てなかった岡田監督への罵声、それと相反して予選での快進撃に贈る賛辞の数々。。。
そのギャップには、本当に色々な意味で考えさせられました
ネットでのニュースのコメントなどを読んでいても、匿名だからそこまで書き込んでしまうのかと思うような汚い文面には辟易です

人が人を評価する事の是非は置いておくとしても、その評価って0か100しかないんでしょうかね?
徹底的に叩きのめすか持ち上げるしかできないんでしょうか
これは別にサッカーに限った事ではありませんが。。。
歴代総理大臣への評価に対しても、同様に考えさせられます
 

人を評価する基準って何なんでしょうね!
そこには自分というものが介在していての評価? 自分だったらこれだけ出来る・・・ここまでは出来ないかも・・・
それとも、頭で描いた理想像を100としての評価なんでしょうか
確かに自分でも色々な事に対してケチもつけますし、その事で後から反省する事も多々ありますが、今回のワールドカップを観戦していて本当に考えさせられましたね



    【読者の皆様にお願い】
      花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
      少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
      ポチッとひと押しで、元気になれるのでクリック宜しくお願い致します。^^

     
           にほんブログ村 花ブログへ
             ↑ ワンクリックよろしく^^

    
 

|   プライベート | 22:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これは世の常ですね。しかしまぁ
『周囲が罵声を浴びせているうちはまだまだで、見向きもされなくなってからが本当の真価』みたいな事を聞くと、これも常なのかと思ったり。岡田監督、始まる直前は罵声すら無くなって諦めムードでしたからね。真価を見せたのではないかと。

| 牛タン | 2010/07/01 01:03 | URL |

昔、「一億総評論家」なんていう言葉が流行った事がありました
自らが行動を起こす訳でもなく、言葉遊びかのように。。。

『人には厳しく自分には甘い』

そうなりたくないものですが^^

| 北の大地 | 2010/07/01 13:11 | URL | ≫ EDIT

大地さん
難しい所突っ込みましたね、
評価って状況、環境、ですっかり変ってしまうもんだとは思っています。
長い目で見りゃ世界の歴史の中にも今頃になって評価され直したりする事もあるくらいですから、、、、。

今回の岡田ジャパンの結果は、酷評される事により成し得たものではないでしょうか、何を言われても信念を持て続ける事って凡人の私には出来る事ではありませんが、とても大事な事であることを教えてくれた結果だと思います。

| みらい | 2010/07/01 13:49 | URL |

みらい様

お疲れ様です
確かにあそこまで酷評されたとしたら、僕なら立ち上がれないような気がします^^

でも、酷評される事により成し得たという見方もあるんですね。やっぱり責任の重さを受け止めれる人材だったのでしょう!妙に納得です^^

| 北の大地 | 2010/07/01 22:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/487-15443291

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。