花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時代遅れの花屋

いろんな考え方があって、いろんな方向にそれぞれが進んでいく
きっとどれもが間違いなんかじゃないだ

ただ自分達の選んだ道(職業)が、この先茨である事は間違いなさそう
黙っていても売れた時代は遠い過去の話で、幻想を抱くのは終わりにしなければ!
何もしないで楽観的な考え方でいるのなら、事態を一層悪くするのは間違いなさそう

でも、現実が見えてないのか見ようとしていないのか。。。
みんなで出来る事を、手探りであっても探すしかないよね

だからこそ会話が必要なんだし、意見のぶつけあいも大事な事



こんな廻りくどい書き方はやっぱり性に合わない(笑

あちらこちらのブログにフラワーバレンタインの記事があります
正直な気持ちで言えば、自分自身どう対応して良いのかがわからない
発想は良いと思うし、花贈りのイベントが増える事になんら異存はありません
ただ、日本国内ではバレンタインデーに対してホワイトデーがあるという、いわばセットで認知されてるものと思ってました
確かにそれが日本独特のものであったとしても

であるならば、敢えて「男性から女性に花を贈る日」はホワイトデーに力を入れた方が判り易いと思ったのです
日本男児、まだまだ花を贈る事に照れもあればためらいもある中で、唯一ホワイトデーには男性が列をなして(大げさか^^;)お店に来て頂いてます
別に近道を探して言ってるつもりはありません

「もしも男性からバレンタインギフトを贈られるとしたら何が欲しいですか?」

その回答には、アクセサリーやスイーツよりも圧倒的に「花束」が欲しいという結果もあるそうですが、これは素直に嬉しい
でも、あくまでも「バレンタインギフトを贈られるとしたら」なのです
「何もいらない」 という答えの方がおかしいしありえない。。。
言い方を変えれば、頂く事を前提にした質問なのです
つまり同じ質問内容でホワイトデーに置き換えても良かったのではないのかと

「ホワイトデー」がなければ、これは充分に意義のある展開にもなると思うのですが
もともと遊び心を捉えたイベントならば、やっぱり「バレンタインデー」には女性から男性へ。。。そして例えそれが義理と判っていても男性ははしゃぐものなのです
だからこそ、「ホワイトデー」にも力が入る
自分の中では、女性が望む「花束」を贈る最大のチャンスとなる日にしていきたいという思いがありました

あえてバレンタインデー」にも花の需要を喚起するのなら、花一リンをチョコに添える! それがバラの花なら期待しちゃうぞ! しかも赤いバラだったら男性諸君、舞い上がっちゃうみたいなね^^
オシャレな花の使い方を、たった一リンで良いから「花を贈っちゃう」そんな習慣をここから創めるのが遠回りのようで一番の近道ではないかとも思いました

確かに理想としては、「男性から女性に花を贈る2月14日」というのは悪くないと思います
しかも、花に携わる多くの団体が一緒になって突き進むイベントなんて今までになかった事だから
ただ、現実として花代に奮発する男性が少なくなってきているこの不景気を鑑みれば、僅か1ケ月でやってくる「ホワイトデー」にもう一度花を使ってもらえるなんて思えないのです

簡単に考えれば、バレンタインは女性から男性へ!そしてホワイトデーには男性から女性へという図式を、壊してしまいそうな気がしてならないんですよね
やってみなければ判らないし、僕の考え方が消極的なのかもしれない

でも、少なからずとも「ホワイトデー」に花を贈る男性が増えてきている中で、なぜ「バレンタインデー」なんだろうか?という疑問が少なからずとも頭の中を過ぎってしまうんですよ

そして、直前になってからこんな素敵なイベントがあると言われても、多くの花屋さんは理解していない現実
アナログすぎる花屋が多いからこそ、準備期間がもう少し欲しかった
現実として、アンテナは多少なりとも張っていると思っていた僕自身が知ったのも、すでに計画が出来上がってからの話です

別にこのプロジェクトに参加したかったという気持ちは微塵もありません
ただ、我々花屋のイベントなんだから、事前のアンケートとかがあっても良かったような気がしてなりません
少し性急過ぎるとは思うのは、やっぱり時代遅れの花屋なんでしょうか

この企画の是非、もう少しだけ考えてみます  自分の中でも確かな答えはまだ出ていないから



     ツイッター仲間募集中! ここから始めましょうm(_ _)m  

        


   【読者の皆様にお願い】
      花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
      少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
      ポチッとひと押しで、元気になれるのでクリック宜しくお願い致します。^^

     
           にほんブログ村 花ブログへ
             ↑ ワンクリックよろしく^^

    


| ☆ 業界の事 | 00:40 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

僕でさえも、ホワイトデーを押していましたよ。
当地区ではホワイトデーのイベントを地域雑誌○○ウォーカーとのタイアップで盛り上げようという矢先の事でした。

こちらはこちらで、彼岸前に何を言うという年寄りの意見も有りましたが、若手の役員たちの強力な賛成を得てGOサインが出たばかりでした。

いったん白紙に戻るような感じです。
バレンタインデーに花を男性から女性へ、イメージがわかない・・・。

| タツノフ | 2010/12/23 12:13 | URL |

タツノフ様

非常にナーバスな記事へのコメントありがとです^^

正直な気持ち自分でも揺れ動いてはいます
やはり業界一丸となって動くイベントには魅力を感じているからです
だからこそ余計に、なんで「バレンタインデー」なんだろうという想いも。。。

| 北の大地 | 2010/12/23 21:57 | URL |

完全に同感です

いいんですよバレンタインデーに男性が女性に花を贈っても

もっと言っちゃえば、同性から同性に贈ったっていい
なんせ愛の日ですからね(笑)

でもなんていうか、企画段階から現場の最前線が完全に思考とかミーティングに盛り込まれていない感じがしてならないんです

なに?去年のホワイトデーのカラー大作戦って無視?みたいなね
外連味ないっていうか、無さ過ぎっていうか。。

なんでもかんでもとっくるめちゃうと、きっと煩雑になるし、チョコと共存ってのも生っちょろい気がしてなりません

いーじゃんね、自分のスタイルで(笑)
足並みをそろえる部分って、もっと別の場所・次元にあるように思えてならないっす

| 吹渋町 | 2010/12/24 00:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/564-75b6b5bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。