花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北国の花市場

切花の市場としては日本で最北端にあるのが旭川だと、つい最近気が付きました
どうりで冬場のセリ中は寒いはず(笑
月水金と週3回市場に通っていますが、市場も2か所あるので微妙な切り上げ方をして駆け回ります
まぁ近いって言えば近いんですが^^;

荷の集め方もそれぞれに特徴があるし競る単位も違っています
これがなかなか曲者なんですよね~~
最初の市場は1本単価で競るし、もう一か所は品目なんかによって競る単位が違い、20本で幾らとか50本のものもあればケース単位もあったりで、しかも同じ品目であっても日によって(セリの前半と後半で違う場合も)違ったりすると、本当にセリ人の言葉に耳を傾けてなければならないという。。。

値段の上げ幅なんかも統一されてないので、一応(ええ、一応ですが)セリ人にも、総会の席でも、言ったんですが一向に直る気配なし。。。
不思議と他所のお花屋さんは気にしてないようなんですよね~~
まぁおおらかって言えばそれまでなんですが(=゚ω゚)


そして冒頭にも書きましたが、冬の市場はとにかく寒い ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
最初に行く市場には工事現場にあるようなジェットヒーターがセリ人と買受人の真ん中にあって、その前に座る人は灼熱地獄のような暑さ(熱さ)。。。
もう一か所は雛壇の下に石油ストーブが二台設置されているんですが、これも微妙なんです(笑
ストーブの真上の人間と、ちょっと外れた場所では。。。。。

僕が座っている場所のほぼ真下にはストーブがあったりします(笑
で、インスタント珈琲なんかも足元において保温!!

   珈琲


花の仕入れ、やっぱ北国はいろいろと大変だ~~~

そしてさっき入ってきた情報によると、千歳空港は吹雪の為に欠航が相次いでいるとか。。。
明日、市場に行っても荷物ほとんどなさそう…( ̄o ̄;)
札幌に頼んだ荷物も届かないようだし( ´Д⊂ヽ




   【読者の皆様にお願い】
      花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
      少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
      ポチッとひと押しで、元気になれるのでクリック宜しくお願い致します。^^

     
           にほんブログ村 花ブログへ
             ↑ ワンクリックよろしくです^^

    

| ☆ 日常の仕事 | 21:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

市場内の空調ってあるんでしょ。ある程度。
じゃなくちゃ、花、ないちゃうよね。
ストーブの前は場所取りってあるんですか?

| タツノフ | 2011/03/04 17:01 | URL |

タツノフ様

残念ながら、旭川の市場に空調なんて( ´Д⊂ヽ
全て自然空調です(笑
まぁ歴史的?な建物ですから^^

雛壇に座る位置は決まってますね!
あっ、別にどこ座ってもいい筈なんですが(笑

| 北の大地 | 2011/03/04 23:17 | URL |

うわ~寒そう・・・
無理かもしれない
空調しっかりでぬくぬくセリしてるのかと思ってた。

自分が行っている北九州花市場は年間33億売っているのですが
福岡花市場に統合されるかもしれない状況なっているんですよ。
そういう意味じゃこっちのほうが寒いかもね・・・

| 白毛の熊 | 2011/03/05 13:29 | URL |

白熊様

都会のお花屋さんになってかなりお忙しいようですね!

今どこの地方市場も苦戦しているようですね
10年前と比べてみても、花の流通大きく変わりましたし。。。
福岡花市場って、かなり遠いのかな??

| 北の大地 | 2011/03/05 16:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/591-f886b875

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。