花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

訃報

昔僕が自分の店を出す時に、以前勤めていた店の頃からずっと僕の下でスタッフとして支えてくれた女性がいました
その頃から業界の仕事も多々こなす事が出来たのは、彼女のおかげでもあります

そんな彼女、結婚退職をしてすでに13~14年経つけれどいまだに近況報告やら取るに足らない愚痴までを、メールだったり電話でだったりと。。。



久しぶりに彼女から昨晩遅くに電話がありました



母親が危篤で予断を許さない状況との報告。。。



すでに末期癌、肺にまで到達しているからもう長くはないと医者からの宣告。。。すぐにでも帰りたいけれど小さな子どももいればその生活もあるし、すぐに帰る事が出来ない



きっと心だけが故郷にあったのでしょう



気を紛らわすかのように楽しかった思い出を。。。それは一緒に働いてた時の事、フラコンに初めて出品させた時の事、一緒に河原でジンギスカンをした時の事、呑みに行った事、カラオケした事。。。とにかくいろんな話をいっぱいしました

電話を切った後何もしてあげられる事も出来ない自分は、一枚の画像をメールに添付してただ一言だけ、元気出せと書いて送ったのですが。。。

IMG_69781.jpg



それから僅か4時間余り

今朝5時に届いた彼女からのメールは




訃報の報せでした




そして今晩すでに通夜が営まれるとの報せが入ったのは昼前の事でした


親族だけで送るとの事なので、通夜の儀が終わった頃を目がけて焼香に。。。

3ケ月ぶりに逢った彼女はやつれきっていて、前にも増して痩せ細っていました



今年の母の日が終わった頃に一度、彼女はお母さんと一緒に店まで訪ねてくれていたのです  車の中から満面の笑みを浮かべてくれたお母さんの姿を忘れる事が出来ません



享年61歳でした




   【読者の皆様にお願い】
      花に対する”想い”を中心にこれからも書き綴っていこうと思っています。
      少しでも多くのお花に携わる方に読んで頂けたら。。。という願いから
      ポチッとひと押しで、元気になれるのでクリック宜しくお願い致します。^^

     
           にほんブログ村 花ブログへ
             ↑ ワンクリックよろしく^^

    

|   プライベート | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/629-fa04e5f5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。