花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デザインに対する関心度

今年も無事に予選会を終える事が出来ました

毎年行われているジャパンカップの北海道予選の事ですが、日本各地でこの予選会の参加者不足が叫ばれています
やはり一番の大きな理由は景気の悪さなんでしょうが、地方から出ていくにはお金がかかり過ぎるのも、大きな要因です

ただ、それ以上に危惧しているのは同業者の関心の薄さ・・・
出品しないまでも、時間を作って会場に来られる方の話しではありません
店で花束やアレンジメントを作るのに、最先端のデザインや手の込んだメカニックが必要なデザインを覚える必要はないのかもしれないけれど、刺激を受ける場としては、雑誌に目を通すよりもはるかに良いチャンスだと思うんですがね

 IMG_8891.jpg
  会場設営風景

10年20年前から変わらないスタイルで商品を作り続けるのはどうなんでしょうか
確かに変わらない事の良さもありますが・・・


時代とともに花の品種も増えて、カラーバリエーションも豊かになりました
花持ちの良さも格段に改善されてきています

器やラッピングにしても、よくこれだけ資材屋さんが色々と考案するものだと感心しますが(笑
  ※ 資材の考案には、もちろんお花屋さんも関知していますがね

でも、それを活かすのはやはり花屋さんの頑張りしかないんですよね
お祝い系をひとまとめに、それが誕生日であれ、お店の開店であれ、ギャラリーにお届けする花も、そしてお見舞いに至ってまでもが、ほとんどデザインの差がなく作り続けているようでは、間違いなくお客さんは遠ざかっていきます


「お前が偉そうに言うなよ!」

という声も聞こえてきそうですが(笑

間違いなく自分への戒めの言葉でもあります



参考までに、北海道予選会の画像をアップしたのでリンクしておきます

  2012年4月 花キューピットDay

IMG_5068.jpg

| ☆ 業界の事 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/644-842f168e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。