花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひとつの終焉(2)

店を創めたのが1994年 平成6年8月17日!
スタートは女房と従業員1人の3人でしたが、当時すでに業界の色々な仕事をしていたので、札幌やら東京へと出張にも出かけなければならず、そうなれば女房とスタッフの2人だけが残される事に・・・
まだ花の事は何もわからない女房だったので、相当苦労したのは容易に想像出来る

幸い、もう一人のスタッフは前の店から一緒について来てくれたベテランだった
失敗するかもしれない、そんな思いは当時常に脳裏から離れない中、彼女の生活も請け負う事への不安もあったけれど、阿吽の呼吸で仕事を支えてくれた彼女なしには店を創められなかったのも事実

独り立ちしてやりたかった事の一つに、教室を持ちたかったというのがある
大手スクールから旭川教室としてやって欲しいと持ちかけられた事もあったけれど、自分には向いてない(笑
自分が資格を持ちながら言うのもおかしな話だけど、OLさんや普通の主婦に資格は無意味と考えていた
自分が始めたかった教室は、花と遊んで癒されて欲しいのと、自分で飾れるようになる為のヒントを得て欲しいだけだった

ただ、満足なカリキュラムも教本も持っていないで続けていくには、常にレッスン内容をどうするかで頭の中はいっぱい・・・
その意味では今も続けられている事の方が驚きかもしれない

生徒さんも少しずつ増えていき、4年目を迎えた時に「作品展」をする事となった

 005_20120803223923.jpg
  手作り看板(笑

 006_20120803224046.jpg
  写真をデジカメで撮っているので、全て最悪の写り><
    
 007_20120803224046.jpg
  1F正面入り口だったので、いっぱい見てくれましたね~

 008_20120803224045.jpg

 009_20120803224044.jpg

確かデジカメで撮ってはいるのに、データが残っていない悲しさ><
当時パソコンへの保存ではなく外付けハードディスクでもなく、フロッピーだったような・・・


そうそう思いつくままに書いているので話が前後するけれど、店を持って3年目の母の日前にナイフもハサミも使えない程の激痛が右手に走った
とても長い病名で忘れたけれど、簡単に言えば神経をつぶしてしまったらしい・・・
ハサミの使い過ぎと言われたけれど、誰でもがそうなる訳ではないらしく、繊細な神経を持ち合わせている事が災いしたようだ(大笑

手術も2回ほど繰り返したけれど、結局完治はしなかった
ここ詳しく書けばとても長くなるので止めときますが、最初の手術が失敗だったという><

痛みこそ無くなったけれど、今も24時間痺れている右手の指3本!  
正直辛かった

満足にナイフもハサミも持てやしない・・・

リハビリにも通ったけれど、どうやら痺れとは一生付き合わなければならなくなった

この時、そうこの時だけは花屋を辞めなければならないのかと悩んで悶々と日々を送ったものだ
手先は器用な方だと自負していたけれど、ワイヤーのテーピングが上手く出来ない・・・
寒い冬の日なんかは、ナイフもポロポロと手からこぼれてしまう・・・

デザイン競技にはムリだと諦めた時期でもあった



なんか思い出しながら端折って書いてはいるけれど・・・もう1回続きそう><






 

|   プライベート | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://shikisai87.blog72.fc2.com/tb.php/651-6866fb6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。