花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひとつの終焉(2)

店を創めたのが1994年 平成6年8月17日!
スタートは女房と従業員1人の3人でしたが、当時すでに業界の色々な仕事をしていたので、札幌やら東京へと出張にも出かけなければならず、そうなれば女房とスタッフの2人だけが残される事に・・・
まだ花の事は何もわからない女房だったので、相当苦労したのは容易に想像出来る

幸い、もう一人のスタッフは前の店から一緒について来てくれたベテランだった
失敗するかもしれない、そんな思いは当時常に脳裏から離れない中、彼女の生活も請け負う事への不安もあったけれど、阿吽の呼吸で仕事を支えてくれた彼女なしには店を創められなかったのも事実

独り立ちしてやりたかった事の一つに、教室を持ちたかったというのがある
大手スクールから旭川教室としてやって欲しいと持ちかけられた事もあったけれど、自分には向いてない(笑
自分が資格を持ちながら言うのもおかしな話だけど、OLさんや普通の主婦に資格は無意味と考えていた
自分が始めたかった教室は、花と遊んで癒されて欲しいのと、自分で飾れるようになる為のヒントを得て欲しいだけだった

ただ、満足なカリキュラムも教本も持っていないで続けていくには、常にレッスン内容をどうするかで頭の中はいっぱい・・・
その意味では今も続けられている事の方が驚きかもしれない

生徒さんも少しずつ増えていき、4年目を迎えた時に「作品展」をする事となった

 005_20120803223923.jpg
  手作り看板(笑

 006_20120803224046.jpg
  写真をデジカメで撮っているので、全て最悪の写り><
    
 007_20120803224046.jpg
  1F正面入り口だったので、いっぱい見てくれましたね~

 008_20120803224045.jpg

 009_20120803224044.jpg

確かデジカメで撮ってはいるのに、データが残っていない悲しさ><
当時パソコンへの保存ではなく外付けハードディスクでもなく、フロッピーだったような・・・


そうそう思いつくままに書いているので話が前後するけれど、店を持って3年目の母の日前にナイフもハサミも使えない程の激痛が右手に走った
とても長い病名で忘れたけれど、簡単に言えば神経をつぶしてしまったらしい・・・
ハサミの使い過ぎと言われたけれど、誰でもがそうなる訳ではないらしく、繊細な神経を持ち合わせている事が災いしたようだ(大笑

手術も2回ほど繰り返したけれど、結局完治はしなかった
ここ詳しく書けばとても長くなるので止めときますが、最初の手術が失敗だったという><

痛みこそ無くなったけれど、今も24時間痺れている右手の指3本!  
正直辛かった

満足にナイフもハサミも持てやしない・・・

リハビリにも通ったけれど、どうやら痺れとは一生付き合わなければならなくなった

この時、そうこの時だけは花屋を辞めなければならないのかと悩んで悶々と日々を送ったものだ
手先は器用な方だと自負していたけれど、ワイヤーのテーピングが上手く出来ない・・・
寒い冬の日なんかは、ナイフもポロポロと手からこぼれてしまう・・・

デザイン競技にはムリだと諦めた時期でもあった



なんか思い出しながら端折って書いてはいるけれど・・・もう1回続きそう><






 

|   プライベート | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとつの終焉(1)

花の仕事を始めたのが27歳! みんなよりはかなり遅いスタートだったと思う
旭川駅前に商業施設のビルが出来るという事で、そこのテナントとして入居していきなり店長として店を任せられた
店売りとホテルのブライダル関係を含む会場装飾!

 001_20120802220915.jpg
  まだこの業界に入って1年も経っていない頃


装飾の仕事から覚えたので、葬祭関係、特に葬儀用のスタンド花なんか作れないし、やっと作っても人の3倍はかかっていた30歳の頃・・・

ただ負けず嫌いの性格だけで、他には何にもない(笑
人と同じやり方で進むのが嫌いなのは、良いのか悪いのか・・・  何も判らない無我夢中の頃は、時間があれば他所のお店を見に行って、旭川市内だけでは物足りなくなり、休みの度に札幌へも出かけた30歳前後!

独学に限界を感じ、札幌へお花の勉強にも通った30代半ば・・・


そして独立したのが40歳になる直前!



自分のやりたい店作りと経営方針・・・それは、今にして思えば若さゆえの考えでもあったような、それとその歳が独り立ちするには限界なのかとも思っている自分がいた(笑

 002_20120802221125.jpg
   ”四季彩”としてスタートしたのは3.5坪の小さなお店!

 003_20120802221124.jpg
    底抜けに明るかった当時のスタッフ!

 004_20120802221123.jpg
    駅ビルの正面入り口の中がお店!


ただ、自分で店を始めるにしても、先立つものがほとんどなかった状態・・・
恥ずかしながら、運転資金も国から借りての営業でしたが、これがなかなか貸してはくれない><
何度も何度も営業計画書を書き直しては見て貰い、どうにかスタートにこぎ着けたという(冷汗
   ここまで来たら、風呂敷を広げるしかありません~(−_−;).

上手く事が運ぶか判らない中、女房の存在はやはり大きかった!
どうにか今の店をここまでやって来れたのは、他ならぬ女房の力でしょう!


次回へ続きますm(_ _)m 




|   プライベート | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「御殿場」視察旅行

6月の東京は、やはり梅雨入りしてたせいでしょうか
着いたその日は、雨・雨・雨・・・

仕事で行ったとはいえ限られた貴重な時間を有効に使おうと、今回は思い切って御殿場まで足を延ばしました
向かった先は 「フローリスト ババ」 ← リンク先
店主は全国的に有名な方で、コンテスト関係に長く携わった経緯もあり、その話をさせればきっと1日では足りないんでしょう(爆
そして何よりも作る作品そして商品が面白いし、発想も素敵です

ただ、僕よりも少しだけ・・・ほんの少しだけ若いからといって、僕の事をじいさん扱いするのだけは気に入らないんですがね~(−_−;)

今回は息子と一緒に(運転手は君だ!)西新宿から高速に乗って行ってきました
約1時間半の行程で、ついでに富士山を眺めるのも楽しみにしてたのですが、生憎の空模様( ´Д⊂ヽ
影も形も見えませんでした^^;
でも彼がブログやフェイスブック等で自慢げに見せる店内に興味があったので、目的は達せられたんですがね(笑

まぁ期待は裏切らなかった!

実に細かいところまで、行き届いているのには感心させられました
カメラを持っていったにも係わらず写したのは数枚><

話しこんで終わったという…( ̄o ̄;)

2012061304.jpg

2012061303.jpg

2012061302.jpg

2012061301.jpg

本当は横浜の同じ名前の方がうちに来た時のように、隅々まで撮るつもりだったんですがね(笑

アイデアだけはしっかりと頂いて来ました(・∀・)ニヤニヤ 

| ☆友 | 22:44 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

それぞれの事情

今年の花フェスタも無事終了して、撤収作業も滞りなく完了しました!
この事業どちらかと言えば、切花屋(生花店)さんよりも園芸屋さん向けの行事ですよね!
我々花店のメイン作業は、大きなモニュメント制作です
昔はそれなりに原価割れのアレンジ制作で、提供したりもしましたが、市からの予算も削減されたり花店の経営環境も悪化したりで規模は縮小してしまいました

やはり時代の流れなんでしょうか。。。


ただ、モニュメントを作るにしても、それなりに花屋さんには負担がかかります
「旭川市生花商組合」を発足させたのも、利益を出すのではなく花の良さを知って頂く為に!という考えからです
少しでも暮らしの中に花を飾って欲しい! 花の癒し効果を判って欲しい!
ただそれだけの事なんですよね!

そこで、賛同して頂いた花屋さんだけでなんとかここまで運営してきました
当初40数店いた仲間も、今では22店と減りました
脱会したお店もいれば、お店そのものを畳んだ方もいます
最初から、見向きもしなかったお店もありました 
それなりに考えもあれば、事情も違うのでその事はそれでも良いと思うんですが^^
 
20年近くもやっていれば色々ありますよね! 本当に・・・



昨晩フェイスブックのお友だちと電話で話す機会がありました
精力的に、「花育」事業に携わっていた方ですが、勤めていた会社の経営悪化によるリストラで、あと少しで退社しなければならないようです

長々といろんな話しを沢山しました
その中で嬉しかった事は、まだまだ自分で「花育事業」の道を自分なりに模索して行くとの事!
元気づけようと思っていたのが逆に元気頂きました^^;

花って、何なんでしょうね・・・

自分達の今は勿論大事です! 
でももう少しやれる事、やらなければならない事ありそうです


画像悪いですが、今現在の「旭川生花商組合」の構成員です
そんな意志をもった花屋さんの集まりだという事を、ご理解して頂けたらと思います

IMG_2834.jpg

| ☆ 業界の事 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

母の日が終わった今だから!

毎年、記録として残しておくのは売り上げとか仕入れ関係のデータだけでなく、終わった後の感想をメモ書き程度ではあるけれど、パソコンの中に残しています
どれだけの参考になるかは別としてですが(笑

お店によってもこの母の日の捉え方はマチマチでしょう
一年でもっともお客さんで溢れかえる日を、どのように迎えたら良いのか・・・
確かに売り上げの数字だけを見れば・・・・・


いっぱい売れます^^;


ただ、ある時これで良いのか? と、疑問に思うようになったのは、徹夜して、作っても作っても追いつかないような作業で、本当に一つ一つを丁寧に良いものを作れるのかと!

金曜の夜と土曜の夜は寝不足状態で、一番忙しい母の日当日に半分ボケたような状態で接客するのは、お客様にも失礼だし、どこかでミスも犯してしまうんじゃないのかと、、

それじゃあ満足して頂くには、どこを変えなければならないのか・・・

実践した事を列挙してみます
 ① 普段いるスタッフは、母の日前から(金・土・日)と、店から一歩も出ないで来店客への応対に徹する!
 ② カタログ商品(ネット分含)の制作を元スタッフのお手伝いにお願いして、お店に並べる商品の充実を!
 ③ 電話応対、伝票書き、メッセージカード作成も、専属にする事!
 ④ 伝票・商品・メッセージカードのチェック体制を二重三重にして間違いのないように強化!

普段お店のスタッフは6人体制なので、その他に制作班が3人と事務系1人の計10名! 後は配達に、ここ何年もお願いしている赤帽さん延べ9台(3日間)
その他にも、水揚げ専門(仕入れ先複数の為、入荷時間バラバラ)の教室の生徒さんもお手伝いに来てくれたりで、配達人を除いても11~12名で乗り越えます

これで、徹夜をしないでも済むようになりました
売り上げも過去最高を記録しましたが、掛かった経費だけは莫大><


でも、確実に喜ばれる商品の提供を! と、考えた時には、毎年ムダでないと信じています

561200_318392181571244_100002013949385_751186_1399642520_n.jpg
   母の日閉店後のキーパーです^^;



仕入れに関しては、問題点多々あります これは愚痴っぽくなりますので、ここにはサラッと(笑
信頼していた生産者が、直前になって残念なカーネーションを販売したり、品種指定していたものが、前日になって本数切れないので出荷出来ない等々・・・
納品前日に言う事かい(怒  なんですがね~(−_−;)
鉢物に関しては、ろくな土しか使ってないじゃん!というようなものも多数見受けられました

これに関しては、業界仲間そして市場にも強く訴えて、話を進めて行く事にしますので!


とにかく今年も無事終わりました
ただ、来年も多分まだ花屋やってますので、ここには書けない、書かない記録をいっぱい書きとめておきます^^;



追記:3年前から、自店に来られる(ネット販売含)市内配達のお客様からも「母の日期間」だけ配達料を頂いてます  金額は315円!
これには戸惑いもありましたが、一人として愚痴をこぼしたり不満を言われるお客様がいません
商品代金の中に含まれるのは、あくまでも花代と器代だけで、配達経費等をそこには含めたくないとの意思表示でもあります
払うだけの価値がある事をお客様に理解して頂く事は、商売人としての最低条件じゃないのかと・・・

| ☆ 日常の仕事 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。