花に魅せられて

花屋の仕事は多岐にわたっています。自分自身、ショップや教室で教えていく事だけでなく、業界全体の仕事も引き受けている訳であり、そんな中から見た、”花” に関する事を少しだけ綴って行こうと考えています。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5月13日は「母の日」です!

とうとうここまで来た! という感じです

毎年予定を立てるのが3月の忙しい最中で、資材の購入からはじまり切花の予約も4月上旬からスタートしています
それにしても、何か忘れている事あるんじゃないのか・・・こっちのやり方の方が良いのかも・・・
試行錯誤の連続です

予約していたカーネーションが今日(昨日?)になって「品種変わる事になりそうですが・・・」
と、市場からの電話!
山ほどの言い訳を聞かされましたが、まさに言い訳(怒
生産者さんの事情は判りました  
確かに天候は予定通りには行きません
でも、何故納品予定の前日に言ってくるのでしょうか・・・

勿論、全ての生産者がそうではなく一部ではあります 普段良い品種を納品してくれているからピンポイントで決めたけれど、これじゃあ今までの信用失くしちゃいますよ!



嫌な事ばかりじゃない!
嬉しいのは、お花を挿せる昔うちの店で働いていたスタッフ達がみんなお手伝いに来てくれる事!
これで徹夜しないで済みそうです^^


 2011043001_20120507005549.jpg  2011043004_20120507005548.jpg

書きたい事は山ほどありますが・・・
体力温存の為にも少し寝るとしましょうか^^;

| ☆ 日常の仕事 | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母の日とその効率を考えて・・・

これを乗り越えなければ、気持ちの上での春が来ない・・・

毎年そんな思いで4月を過ごしています(笑

準備しなければならない事が多過ぎるのは、無事にミスなくお客様に喜んでもらおうという想いからの一心!
その一つに、お届けするお客様のデータ管理があります
それぞれのお客様の商品内容も違えばメッセージの中身も違ってきますし、商品の取り違えのないように管理する最善の方法を考えたのは、もう10年以上も昔ですが、いまだに方法は変わっていません

当時と比べればデジタル化も進み、普段はパソコンで処理しているもののこの「母の日」を迎える時だけは、完全アナログになっています(笑

一つ一つの内容を全て大きな紙に書き出して、チェックです
決して効率が良い訳ではないのですが・・・

 IMG_1655.jpg


一枚の紙に250件書き込み出来て、それを2枚用意しているのですが、ここ何年かはなんとかそれで間に合っている状態です

もっと良い方法がないのかと考えてはみたけれど、何か良い知恵ありますかね?

| ☆ 日常の仕事 | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デザインに対する関心度

今年も無事に予選会を終える事が出来ました

毎年行われているジャパンカップの北海道予選の事ですが、日本各地でこの予選会の参加者不足が叫ばれています
やはり一番の大きな理由は景気の悪さなんでしょうが、地方から出ていくにはお金がかかり過ぎるのも、大きな要因です

ただ、それ以上に危惧しているのは同業者の関心の薄さ・・・
出品しないまでも、時間を作って会場に来られる方の話しではありません
店で花束やアレンジメントを作るのに、最先端のデザインや手の込んだメカニックが必要なデザインを覚える必要はないのかもしれないけれど、刺激を受ける場としては、雑誌に目を通すよりもはるかに良いチャンスだと思うんですがね

 IMG_8891.jpg
  会場設営風景

10年20年前から変わらないスタイルで商品を作り続けるのはどうなんでしょうか
確かに変わらない事の良さもありますが・・・


時代とともに花の品種も増えて、カラーバリエーションも豊かになりました
花持ちの良さも格段に改善されてきています

器やラッピングにしても、よくこれだけ資材屋さんが色々と考案するものだと感心しますが(笑
  ※ 資材の考案には、もちろんお花屋さんも関知していますがね

でも、それを活かすのはやはり花屋さんの頑張りしかないんですよね
お祝い系をひとまとめに、それが誕生日であれ、お店の開店であれ、ギャラリーにお届けする花も、そしてお見舞いに至ってまでもが、ほとんどデザインの差がなく作り続けているようでは、間違いなくお客さんは遠ざかっていきます


「お前が偉そうに言うなよ!」

という声も聞こえてきそうですが(笑

間違いなく自分への戒めの言葉でもあります



参考までに、北海道予選会の画像をアップしたのでリンクしておきます

  2012年4月 花キューピットDay

IMG_5068.jpg

| ☆ 業界の事 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『3.11は終わってはいない』

色々な事を思い出した一日でした
月並みの言葉なんかでは言い尽くせないし書きたくもなかったけれど、自分の中ではやはり一つの節目でもあるのかな・・・そんな想いから少しだけ

今日花屋仲間のお母様の通夜の儀があり、参列してまいりました
帰り道々車の中から流れてくる震災の報道・・・45分程で帰れる筈が、途中何度も車を停めてワンセグの映像に縛られ、たった今帰って来たところです

確かに震災直後の仕事の状況は大きなダメージを受けたものです そしてその先商売がどう転んで行くのか不安にも陥りました それは、自分達の生活とかもありましたが、従業員みんなを養っていかなければならない責任感!

ただそれよりも、テレビ等から流れてくる映像はまるで映画のワンシーンのような悲惨な被災地の状況・・・
いくら先行きの不安を感じていたとは言え、自分の住んでいる街はいつもと変わらない景色なのにです
ホームセンターからは乾電池が無くなり懐中電灯・防災用品等々が消えて、それは身内を案ずる家族・親族を想う気持ちであり、自分も何件かの店を走り回りました

今住んでいるこの街では多少の不便はあったとしても、普段と大きく変わらない生活を送る事ができ、そのギャップに自分に出来る事は何があるのかと・・・





綺麗事ではなく救いの手を差し伸べる一番の方法は、取りあえず義援金だけでした 現場に赴きボランティア活動もと考えはしましたが、冒頭に述べた通り家族と従業員の生活を守る事を最優先にしてしまいました
少人数で経営している店にとってまだ自分の役割は大きく、自分の目で2日3日現地を確かめに行く費用を捻出するくらいなら、義援金に回した方がどれだけ有効なのかと・・・


最近、涙腺が緩くなったようです 
今日も朝の朝刊に、テレビから流れる映像に、やられてしまいました
流れていた曲は、「明日に架ける橋」




軽々しく被災地を思うとか、頑張ろう日本!そんな綺麗な言葉では綴りたくはなかったけれど、やはり忘れてはならない今日この3月11日・・・

| ☆ 視点 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

イベントとの戦い

年に何度かは黙っていても売れる時期…売れた!と言った方が正しいのでしょうか、そんな行事があります
でもそれは、花を花屋が独占していた頃のお話し!

今、大型ショッピングセンターに来ていますちょうどホワイトデーに向けた売場をメインの場所に展開しています
チョコレートコーナー・クッキーコーナー・お酒コーナー……

その中に、プリザーブドフラワーとミニ観葉のコーナーもかなりのスペースで商品が並んでいました



趣味の多様化もあるし、何よりもお客様にとって選択肢が沢山あるっていうのは強みです



やはり花屋は既製品を売るだけでは太刀打ち出来ない!
ふと、感じましたね!

| ☆ 業界の事 | 17:09 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。